でっかい話をしようじゃないか!!5/8(土)、広告居酒屋『まっぴるま』開店。



第4回目を数える広告居酒屋「まっぴるま」は、春の桜に誘われて、

場所を天満の居酒屋・御食事処「マウンテン」さんに移して開催。

講師には、ティーズを独立後、新たに事務所を構え、

現在もパワフルに活躍中の「荊木 靖(イバラキ ヤスシ)さん」にお越しいただきました。


今回は、いつもと少し趣向を変え、現ティーズ社員全員に事前アンケートを実施。

クリエイターとして、誰もが夢見る“独立”について、あんなことや、こんなこと、良かったことや、

きびしいことなど、いろんなことをガンガン質問させていただきました。


Q. なぜ独立しようと思ったのですか?

A. ティーズに入って10年以上になり、このままチーフデザイナーとして部下の指導していくことも良かったのですが、
もう一度、初心に戻って自分をもっと試したい、という思いもありました。
そんな時、タイミング良く先輩から声が掛かり、独立する決心をしました。

Q. 独立して良かったと思うことは何ですか?

A. 自分のペースで仕事を進められるので、これまでやりたかったことに
チャレンジする時間がとれるようになりました。
収入も働けば働くほど入ってくるのでやりがいはあります
でも、まわりに人がいないぶん、自分の判断がすべて。 自分の制作したものを見る目が、とてもシビアになりました。
アカンもん作ったらそこで仕事も終わってしまうし…。

Q. 今の自分にとって大切なことは何ですか?

A. 人と人とのつながりだと思います。
自分もまだまだこれからですが、まわりの先輩方を見ていると人脈ってとても大切なんだと感じます。

Q. 独立後、最も苦労したことは?

A. 制作だけでなく、お金のことなど考えることがいっぱい。
今まで人にまかせていた部分もすべて自分でやらないといけないので最初はとても大変でした。

Q. 仕事の新規開拓についてやっていることは?

A. とくにはしていません。今は一つの仕事をきちんとやって、
良い評価をいただいて、そこから次の仕事につながっていくことが多いです。
おかげさまで、仕事の種類も増えたので、自分が弱いと感じるジャンルの仕事をするときは、
デザイン書などを積極的に購入し、制作に活かしています。

Q. 制作の際、最も重要視していることは?

A. 案件や、クライアントによって、重要視する部分は変わります。 ですが、基本的にはクライアントの
意向を反映することに加え、消費者の目線で商品の見え方を考えたり、
それをクライアントとお話したりするデザインに入る前の段階を大切にします。

Q. 将来、社員を採用するとしたらどんな人材?

A. やっぱりガッツのある人。
喜びのたくさんある仕事ですが、その喜びに至る過程は逃げ出したくなるほど大変なことも多い。
だからガッツがないと喜びまでたどり着けないと思うので。

Q. イバラキデザイン事務所の今後の夢は?

A. 1人、2人と社員を増やしていければいいですね。
あと建築が好きなので、店舗設計からグラフィックまでトータルに携わる仕事をしていきたいです。


質問のあとは、荊木先輩が独立してから手掛けた作品を見せていただきました。

荊木先輩の多彩な仕事ぶりに
みんな興味しんしん!



そして、最後はもちろん満開の桜の下で大宴会!!!

荊木先輩!徹夜明けの講師、ありがとうございました!



場所を貸していただいた、居酒屋・御食事処「マウンテン」の
お父さん、お母さん、

ありがとうございました。


荊木靖 プロフィール