白ピカのシューズが軽い桜みち

ライトアップされた夕方の公園。

咲き誇る桜の花。

枝が遊歩道の両脇から伸びて、まるでピンクのトンネルのよう。

“うれしい春”は足元にも。

うす暗さが増すなか、新しいシューズが白く光ってる。

大阪世界陸上のボランティアでもらったスポーツシューズだ。

雨の多かった3月は履けなかった。汚したくなくて。

つま先とかがちょっと痛い気がするけど、足がはずむ。

春、4月。足元かえて、気分かえて。

   

シューズ.gif

 

 












いろいろ継ぎ目が傷(いた)んで、雨がしみ込んだ今までのスポーツシューズ。

先日、底のゴムがはがれかけた時は、ガムテープで留めた。

隣の席のノダちゃんに気づかれないよう、こっそりと。

今日こそ捨てよう! 決心した! はずなのに…

まだ履けるし、

土・日に履けば、その分新しいシューズが長持ちするし、

金欠なんだから、できるだけ何でも買わずにすむ方がいいし…

それにそれに、

日韓ワールドカップのボランティアでもらった記念品だし…

手に持たれた古びたシューズ。

ゴミ箱を通り過ぎ、ベランダのすみに置かれ、またの出番を待っている。

【気づきの一苦】

もの持ちはいいのにお金すぐに消え


  • 筆者: 塚崎 登代
Top