ふと思い出したこと

あれは、ミレミアムイヤーに
世間が浮き足立っていた頃。
(だったと思う。いや、中学生くらいだったかな…)

私の野望は「3世紀にまたがって生きること」でした。

例えば、150歳まで生きた人がいたとする。
その人が1900年生まれなら2世紀にまたがる事しかできないが、
世紀末生まれの私だったら3世紀にまたがれる!
(私の場合は最低118歳まで生きないといけない。)

と当時の私は思ったのです。しかも自信満々に。
ちょっと頭おかしかったんですかねぇ。


そういえば、「根拠のない自信」は結構実現する、
という話を聞いたことがある。

「夢を語っても、実現するための努力をしない人は、
 結局、本当にその夢を信じてはいないということになる。
 もし、本当にその夢が叶うという根拠のない自信を持てば、
 猛然と超現実的な努力をするはずだ。」(茂木健一郎)

だそうです。

「将来、ビッグになってやるぜ〜!」
て言ってる人も口ばっかりでもないのかもしれない。

私も、そろそろ新しい野望を見つけなければ。


【今日の気づき】
118歳。文字で打って見てみると
やっぱり何かいけそうな気がしてきた。



  • 筆者: 高木 知佳
Top