牛丼

先日、帰り道、一緒にいた後輩の壺ちゃんが、

「今晩は吉野家にします」と言ったので、そこで別れる。

なぜだか無性に牛丼が食べたくなって

別れ間際、「今日の晩飯、牛丼だったらいいな〜、そんなわけないか〜」

みたいな事を、壺ちゃんに漏らしていた。

そこから、もう一人一緒にいた高木ちゃんと、途中まで。(僕の家が一番遠い、3人ともチャリ通)

高木ちゃんと喋りながら帰っている頃には、牛丼の事は忘れていた・・・。


やがて家に着き、着替えをして一息。

キッチンへと向かった。

さあ、おなかすいたな〜。

晩飯に目を向ける。と、

そこで目を疑った!記憶が蘇った!


ぎ、ぎぎゅ、牛丼じゃん!!? こんな偶然ってあるのかあ!!?

驚きとともに、なぜだか嬉しさも込み上げてきて、

写メを撮った。

gyu

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あした、壺ちゃんと高木ちゃんに話そう。


その日は、ワクワクしながら就寝した。




【ときめき?リアクション】


次の日、二人に牛丼のことを話したら、

とくに驚いた様子もなく、へぇ〜ってカンジだった。

  • 筆者: 溝手 真一郎
Top