地元愛が強すぎて気持ち悪い人のとある1日

 

今回の帰省では、久しぶりに富山市内を満喫。

熱が冷めないうちに、勝手に富山の情報を押しつけていきます。

 

新幹線開業によりJRから経営分離された(JR冷たい)

「あいの風とやま鉄道」に乗って富山市内へ。

 

DSC_0629

 

 ※春から夏にかけて吹く北東のさわやかな風のことを「あいの風」といいます。

おばあちゃんたちはよく言ってた気がする。。

 

 

新富山駅 外は完成していますが、中は絶賛工事中のため少し残念な感じ。

DSC_0635

  

まずは、セントラムに乗って移動。黒トラムかっこいい~

centram

 

  

富山市内にはトラム(路面電車)がポートラム、セントラム、サントラムとありますが

形はほぼ一緒です。(運営会社とかルート、車体の色が違うだけ)

 

 

旧車体も、もちろん現役です。

DSC_0668

 

 

 

まずは「バケモノの子展」到着。今までの監督作品もすべてありました。

 DSC_0641DSC_0648

 

 熊鉄がぬいぐるみ仕様のせいか、なんかかわいい。

 

細田監督が富山出身ということもあり、

東京での開催から1年後ですが、地元でも、、となったようです。

 

うますぎる絵コンテ。

 DSC_0654

 

 

 

限界まで近づいて見たくなる手描きの背景画。

 DSC_0645

 

原画に書かれている監督の細かい要望とか、

ざっくりとした意見とか見られるなんて貴重。

 

印象に残っているのは

「首を長く描いた方が色っぽく見えるので修正お願いします」と

「告白のシーンなので、一番キュンとする表情でお願いします!」

 

 

続きまして、 TOYAMAキラリ。

隈研吾さん設計の複合施設です。やっとこれました。

木が使われていない??と思いきや

DSC_0690

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中でふんだんに使われていました、圧巻!

DSC_0686

 

 

 

この施設にあるのは

 

 富山市立図書館  学生の時にこんな図書館が近くにあればな~

DSC_0673

 

 

富山市立ガラス美術館 ここのために、わざわざ巨匠に作ってもらったそう。。

ボート以外は全部ガラスです。

DSC_0676DSC_0682

 

と、カフェ1軒、銀行のみ。なんて贅沢。

 

 

海!山!といったレジャーには困ることのない富山ですが

街中で時間を潰すのはなかなか難しく…ここなら1日中のんびりできそうです。

 

 

DSC_0698 

 

富山の伝統的な和紙「桂樹舎」さんの小物を買いに行くなど、

行きたかったところにいけて、大満足の1日でした。

 

 

【富山のときめき】

帰省2日目、起きたら左目が痛い。病院に行くと

先生の第一声「冷たいもんばっかり食べとるからや!」

 

??? よくよく聞くと

冷たいもの食べる→腸に負担かかる→免疫が落ちる→弱い菌に負ける

という仕組みらしいです。そういえば帰省前、めちゃくちゃバテてました。。

 

地域的なものなのか?富山のおじいちゃん先生はだいたい怒っています。

いや、本当に怒っているわけではなく、そういう話し方なんでしょうけど、たぶん。。

子供の頃、かかりつけの先生によく怒られたのを思い出しました。

ああ、なつかし、この感じ。

 

  • 筆者: 高木 知佳
Top