流れ板おぜやんの気づき


足を組んでたら、腰を痛めた。

名刺のちっちゃい字が読めなかった。

こうやったよな?と言われても記憶がない。

今日の気づき。

・・・・・・・・・・・老いたな。



  • 筆者: 寺内 孝典

春来るよほら上向いて決めポーズ

イナバウアーから、はや4年。

メダルは誰に。金は真央かヨナか。

仕事より気になる

バンクーバー五輪の女子フィギアスケート。

自分を信じて不振を乗り越えてきた真央ちゃん。

逆転Vをつかんで、明るいニュース届けて欲しいな。

ジャンプ、スピン、スパイラル… もちろん私にはできないけれど

真似できそうなことがひとつだけ。

演技後の決めポーズ、上を向いて両手を上げるポーズだ。

ムリにでも「エイエイオー」の「オー」のボーズをすると

元気が出るという本があったけど、

金メダルを取った気分で顔と両手を上げると気持ちも上向きそう。

このところ会社でのラジオ体操がないから、

かわりにやってみようかな。


と思ったら

「久しぶりにラジオ体操しま〜す」の声が…

20100225mog00m200003000p_size5.jpg心に効くポーズ、持っておこう。

  • 筆者: 塚崎 登代

やめてみたい。

長年の喫煙生活に泣きながらピリオドを打った人。

さんざん飲み尽くしたからと、酒をぱったりやめた人。

最近、いろんな「やめた!」人に出会う。
私には何かやめられることがあるか自問自答。

ない!一週間、胃腸炎で寝込んでいたとき
そのままアルコールがやめれそうだったけど、
治ってみたら、まったくムリだった。

もうすぐ3月。
何かをやめたい今日このごろです。

【今日の気づき】
何かをやめれば、何かがはじまる。

20100217195235.jpg
禁煙生活続行中!
某居酒屋にて鼻息荒く
電子タバコをふかすK姉さん 
        
              

  • 筆者: 中島 静子

ティーズの人々。其の2

ティーズの人々、第2回目はコピーライターの山口さんです。

この山口さんをひとことで言えば「えなりかずき」。

ではなくて「器用で冷静なこだわりの人」。三言ですが。。。

どんな案件でも用件をうまくまとめたり、

そつなくライティングするその力量はすごいと思います。

それに流れを大事にした原稿は、

一緒に仕事をしていても形にしやすい。

変なコピーから真面目なコピー。

不動産コピーから卵かけごはんコピーまで。

引き出しが多く本当に言葉が好きで

ティーズで一番の広告つくる人って感じです。

そしてめったに焦らない。いや、まったく焦らない。

緊急な仕事が発生しても時間に遅れたとしても焦らない。

本人はいたって飄々としている。

この堂々とした態度は見習おう。

最後にこだわりであるが、多くあるこだわりの中でも

特にビールの注ぎ方には人一倍こだわりがあって

どんな注ぎ方かは説明するのがめんどくさいので別の機会にまわしますが、

とにかくビールの注ぎ方にはめんどくさいこだわりを持つ36歳です。

ちなみに

家での食卓には5、6品並んでないとムっとするそうです。

最近買ったものは吉田カバンの3WAY。

アダ名は「ぐっちゃん」。

010217.jpg

あっという間に

もう2週間たっていたとは。
早い…、早すぎる。

2週間、私は何をしていたのだろうか。
………思い出せない。
そうか、こうやって知らない間に歳をとっ…
いえ、歳を重ねていくのでしょうね。

そんな私も、4月でティーズに入って
5年目に突入しようとしています。

会社に遊びにきているのかと思われていたあの頃より
少しは大人になったかと思います。

時折ささやかれる
「高木の30歳っておもろそう(見た目と中身のギャップが?)」
も、そう遠くない未来。

果たして30歳の私は、年相応の大人になっているのか、
やっぱりおもろいままなのか。

ご期待ください。

【今日の気づき】
身近な未来を想像すると、ちょっとわくわくする(前向き過ぎ?)

  • 筆者: 高木 知佳

アナログの黒い腕時計

僕が今日気づいたこと・・・

それは、デジタル時計より

「アナログ時計のほうが仕事の効率にいい」

ということです。


僕のデスクのすぐ上に、デジタルの掛け時計があります。

今日、ふいに気づいたのです。

その時計を見た直後に、アナログの腕時計を見ている自分に。


なぜなのか。

「その時の正確な時間」より、

「時間の経過」や「残された時間」を

瞬時に判断したいからです。

仕事をしていると、その場合が多いですよね。


デジタル時計を見て、

時間経過をいちいち計算する時間が発生したから、

イライラしながらアナログの腕時計を見直したんです。

あと、光や角度の具合では83とか区別しずらかったりもする。

たった数秒のロスかもしれませんが、

無駄な時間と神経を使います。


———-アナログの時計、僕の腕時計。


黒で統一された美しいフォルム。

クリスマスプレゼントに嫁からもらった。

これだけでじゅうぶん愛着があった。


仕事中やチャリンコで出勤中など、

デジタルよりもアナログのほうが、

ほぼ感覚で瞬時に求めている時間が判断できる。


今日の気付きが、

この腕時計に「機能性」を付加して、

さらなる愛着を湧かせました。

tokei.jpg

  • 筆者: 溝手 真一郎

ナイススクープ

ティーズは、大阪の地下鉄四つ橋線「肥後橋」が最寄り駅です。

「肥後橋」駅には、「西梅田行」と書かれた看板があります。




これね、
「梅」を「敏」という字に変えて、
「田」と入れ替えると、




「西田敏行」になるんです。




ええ、それだけです。





A0002448-00.jpg



今日の気づき:西田敏行の笑顔は無敵。

  • 筆者: 山口 博隆

会う日は会う


朝、地下鉄のホームで、20年ぐらい会ってなかった元上司(T氏)を見た。

さすがに心の準備ができてなかったので、声は掛けられなかった。(小心者)

昼、横断歩道で、1年以上会ってなかった取引先の元社長(I氏)にバッタリ。

夕方、自転車に乗ってたら、2週間前にも会った元同僚(T氏)に出くわした。

 

今日の気付き/会う日は会うもんだな。


  • 筆者: 寺内 孝典

流れ板おぜやんのクリエイティブ放浪記












流れ流れて東へ西へ。

業界無宿おぜやんは、エンピツ一本さらしに巻いて

今日もしがない助っ人稼業。



またどこかの広告現場から

悲鳴が聞こえてくるぜ!



どんな難題もおれに任せろ!

『さぁ、どう料理してやろうかッ!』





・・・なんだって!?

パソコンが壊れて作業ができない?



ちがう。

カスタマーセンターじゃないんだ・・。





『おぜやん!行っちまうのかい?』



『おかみさん、行かせてくれよ。

 死んだように生きてたって

 しょーがねぇじゃねーか。』





『おぜやん!パソコンなおしてっておくれよ!』



ちがう。

出張修理じゃないんだ・・。



             ・・つづく

つづくのかっ!?

注)ティーズは広告をつくる会社です(笑)。


赤の間に走って渡る次の青

遅刻か! セーフか!

1日の運が、出勤途中の信号で決まる。

なにせ「赤」がながい。1分、イヤ、2分はあろうか。

なのに「青」は、アッという間。

アッという間だから、渡りそこねるわけにはいかない。

遠くに赤信号が見えているうちに、走っておくのだ

頑張って走ると、次の青に間に合う! うまく渡れる!

歩いちゃうと、赤→青→赤となって、電車に乗り遅れるハメに。

不況の今。何かとあきらめムードになりがち。

こんな時こそ、歩みを止めず、手を抜かずがきっと大切。

将来のチャンスをちゃんとつかめるように。

目の前に赤信号が点っても、次の青を信じて走っていこう。

この前、こけちゃったけど…



   gf1420121154.jpg「さあ青だみんなそろって渡りましょ」

  • 筆者: 塚崎 登代

にゃ〜にゃ〜にゃ〜にゃ〜。

今朝、小2の息子に聞かれた。

「おかあさん、きょうなんの日かしってる?」
「イサコばあちゃんの68の誕生日やろ」
「そやで!へいせい22年2月2日」
「ん???』
「すげーやろ!2222やで!」
「ほぉ〜!」

地元のJR駅には、
「平成22年2月2日の記念入場券は完売いたしました」と
でかでかと立て看板がでていた。

こんなゾロ目は、平成11年11月11日以来10年ぶり。
次は、平成33年3月3日までお預けらしい。

平成33年3月3日のわたし。。。
同じく熟しているであろう、F・K姉さんとひな祭りパーティでもして
飲んだくれているのだろうか。。。
想像しただけで、恐ろしくもあり楽しみでもある。

ちなみに、ちょっと調べてみたら、
2222を「にゃ〜にゃ〜にゃ〜にゃ〜」と訳して
猫にいろんなサービスをしているペンションや
猫ちゃんまつりを開催している市があった。


  • 筆者: 中島 静子