ティーズの人々。其の8

ティーズの人々、第8回目は

フロム奈良県大和高田のウェブデザイナーの野田さんです。

野田さんと言えば天真爛漫な明るい笑顔。

本当に楽しそうに笑うので見ているこちらも楽しくなります。

そんな愛嬌のある小動物的でおっとりしている野田さんですが

実は意外と負けず嫌いで芯が強く、社内会議で時折見せる押しの強さや

するどい眼光にそれらを感じたりします。

たまに白熱しぎてさっきまでおっとりしていたと思ったら

急に凄まじい殺気を醸し出したりします。

うまい具合に天真爛漫さと繊細さを持ち合わせたその性格は

時には人の細かいところまで観察していたり、細かい仕事を丁寧にしてたり

時にはあぐらをかいてお昼ごはんを食べてたり、

おっさんかと勘違いする発言をしたり。。。繊細かつ大胆。

けっこう不思議な性格です。

いや、逆に単純なのか。

そんな野田さんを見てて思ったのですが、

彼氏ができたのか、好きな人ができたのかわかりませんが

ここ半年あたりですっかりいい感じの大人の女性になってきたように思います。

今度飲み屋で是非そのあたりの話を聞いてみたいのだが。。。

■でも飲みに誘っても来てくれない。

■幼く見えて、実はもう3●歳。

■テイトウワが大好き。

■クラブも大好き。

■あだ名は「のだぴょん」。

20100826.jpg

よく当たるお言葉

私の母はかなり心配性だ。

普段、実家から離れて暮らしている分、
実家に帰る度に、ここぞとばかりに
母から色んな事を指摘される。

いつも「わかった、わかった」と聞き流しているが(ごめん)
思い返すと、言葉の通りになっているような…

・「そんな見方したら、目悪くなるよ」
  →現在、メガネなしでは生きていけない。

・「肌、大事にしとかんと、ブラマヨのブツブツの方みたいになるよ」
  →ブツブツの方まではいかないが、お世辞にもきれいな肌とは言えない。

・「背筋を伸ばしなさい」→見事な猫背。

・「自転車はちゃんといいものをお店で買いなさい」
  →ちょっとケチってネットで購入。
   最近、ド派でに転んで、一年未満で買い替えに。

などなど、他にも数えきれないほど。
今回は、母の言葉にしたがって、
ちゃんといい自転車をお店で買いました。

自転車届くまで、事故りませんように…

【今日の気づき】
人生の先輩の言うことは、ちゃんと聞こう。

  • 筆者: 高木 知佳

身体あってこそ・・・

8月で32歳をめでたく迎えました。


そんなロックオン、虫歯5本。


うまく韻を踏めたんですが、それはさておき、

虫歯5本って、32歳がなす所業ではないっすよね!


いやー、まさに肥後橋のピーターパンです。


体力・気力があってこそのこの仕事。

パソコンだけじゃなくって、

身体と心のメンテナンスもこまめにやりましょーね。


tooth.jpg

修羅場

〈息子(3歳:創一郎)の修羅場〉

 妻「さあ、楽しくかるた遊びしましょうね。」

息子「うん。そうたんが並べる〜。」

     キレイにかるたを並べようとする息子。

息子「うェ〜〜ん。できれないできれない〜〜!!!(できない×2)」

     キレイに並べれずに、ぐずる息子。

 妻「こらこら、怒らない。こうやって並べたらいいのよ。」

息子「いやァ〜〜、そうたんがしゅる〜〜!!!きやぁぁぁ!!」

     意地でも自分で成し遂げたい息子。

 妻「こらこら、楽しくできないんだったら、しまうよ〜。」

息子「いやァ〜〜、うえ〜〜〜ん、ばぉおおぉ〜〜うえ〜(泣)」



〈僕(30歳)の修羅場〉

先輩「さあ、ええもん(デザイン紙面)つくろな。」

 僕「そうっすね!!まかしてください!」

     キレイなデザインをしようとする僕。

 僕「うおお〜、うまいことデザインできね〜!!」

     うまく仕事を整理できずに時間は過ぎ、イラつきだす僕。

先輩「おいおい、楽しくないな、この紙面。1案、俺がやろか?」

 僕「い、いやいや、すんません。もう少し整理してからやります!」

     意地でも自分で成し遂げたい僕。

先輩「そうか、でも間にあわしてや。今日は帰られへんで。」

 僕「うお〜〜〜(泣きたい気持ち)」



【今日の気づき】

年相応の修羅場がある。

  • 筆者: 溝手 真一郎

買っちゃった

前から欲しかった包丁を、買っちゃった。

刃と柄に境目が無い。

かなりかっちょいい。

 

この前、ネギを切ったった。

よう切れる切れる。

サクサクサクサクッ。ほとんど力が要らない。

 

IMG_2899.jpg

 

 

料理もうちょっと本格的にやってみようかなぁ…

と思う、今日この頃です。

 

 

【今日の晩ごはん】 おいしいポークソテー

 

  • 筆者: 山口 博隆

“やっちまった”


 

プレゼンは一発勝負。いくら用意周到に準備しても必ずどっかで"やっちまう"もの。

 

完璧にできないからこそ、また次に燃え、やっぱりまた"やっちまった"の繰り返し。

 

歌も同じで、後からあの時ああすればよかった、こうすればもっと、などと後悔ばかり。

 

そんな寺人のライブがあります。お時間ある人はぜひ、聴きに来てください。

 

 酔待ち2010秋*.jpg

 

 

【今日の気づき】

ウへっ、あと1ヶ月もないやん。。。

 

 

  • 筆者: 寺内 孝典

流れ板おぜやんの『決めつけず、あきらめず』。


ストレスの多い現代社会。

「上司がわかってくれない」「部下が言うことを聞かなくて」など

人間関係の悩みは尽きない。

今回ご紹介するビジネス書はそんな悩みを持つ人に向けて書かれた

『リーダーになる人のたった1つの習慣』。

本書が面白いのは実話をベースに書かれている点にある。


主人公は性格の違う3人。自信家のA、明るい性格のB、努力家のC。

この3人がリーダーとしてそれぞれの店を担当。スタッフたちを

どうまとめ売上を黒字にするか?という課題に取り組む。リアルなの

は3人が3人ともうまくいかない点である。持って生まれた性格、通

い合わない心、すぐに出ない結果、変われない自分、それぞれの悩み

苦しむ過程が共感を呼ぶ。そして3人をたばねる上司が〈すべては自

分から始まる〉〈人はあらかじめどこであきらめるかを決めている〉

〈人を変えたければその人を感動させればいい〉〈最も大きな壁とは、

自分の感情という壁である〉といった言葉を提示する。

まずは自分が率先して行動し、また楽しんで実践する。

そしてあきらめない。あきらめないかぎり人生には成功しかない。

といった論旨で3人は成長を遂げ成功をつかみとってゆく。

この考え方を習慣化できれば、職場の人間関係だけでなく親子や夫婦、

恋愛においても重要な意味をもつのではないだろうか。

「彼が信じられない」「妻がわかってくれない」「子供が言うことを聞かなくて」

とはよく聞く話である。あきらめずに自分から楽しみながら接するこ

とで、公私ともによりよい人間関係がつくれればいいのだが・・。

うちの仔よ目はどこやどこやと目を細め

お盆休みの最後の日、

わが家に仔犬がやってきた。

まだ2ヶ月。

よちよち歩きのトイプーことトイプードルである。

ふわふわの毛が気持ちいい。

触りだしたら止まらない。

かわいくて、写メを撮ろうとするが、

なかなかうまくいかない。

正面から写すと、たいてい

目のない不気味な写真になってしまう。

その訳は、ちょっと変わった毛色。

顔はまっ黒。体は白と黒。

パーティカラーというめずらしいタイプ。

目も顔も黒なもんで、前から見ると

白い体に黒い物体がのっかってるみたいな感じ。

トイプーのかわいさは目で決まる。

将来おめめパッチリになってくれますように。

何よりずっと元気でいてくれますように!


プー背中.gif

プー顔.gif


【気づきの一苦】

めんどいが抱き上げるたびめんこいに


  • 筆者: 塚崎 登代

ものの見方


小1の次男の夏休みの宿題。

間違いでもないような気がして

あえてそのままにしておいた。。。

haruto.jpg

【今日の気づき】
「けつ」と書いてないのが、何よりの救い。


  • 筆者: 中島 静子

暑さに負けない

いよいよ夏い暑つがやってきた。

ハンパないこの暑さをみなさんはどうやって乗り越えますか?

現在、我が家ではノークーラーを実施してます。

When in Rome do as the Romans do作戦』です。

始めたばかりですが既に家族全員ぐったりして

体に良いのか悪いのかわからない状態ですが、

今のところがんばっています。

いつまで続くかわかりませんが、

もうちょっとがんばってみようかと思います。

僕だけ??

今朝の気づき。

ソファのクッションの下にクーラーのリモコンが隠してあった。

さわやか〜

今日から1ヶ月(かな?)
6月にインターンできていた、通称”あやや”が、
今度はアルバイトとして、ティーズにやってきました。

今年、成人式という彼女。
その若さと、底抜けな明るさと、やる気とかわいさで
この暑さも吹き飛ばしてくれそうです。

もしかしたら、お使いなどで
お邪魔するかもしれませんので、
その際は皆さま、よろしくお願いします。


ayaya.jpg

あややの写真撮っておけば良かったな〜。
(もちろん本人ではありません)

【今日の気づき】
早く大人になりたかったけど、
今は、20代前半がうらやましい。


  • 筆者: 高木 知佳