ヒーロー

いやあ、すごいっすね。

仮面ライダーシリーズとスーパー戦隊Vシリーズの人気度。

3歳の息子が、そのカード&カードゲームにハマってます(あんま理解してないけど)。

チョロQをあげても喜ばなくなった。

サワーズグミ カメカメシリーズのCMに出てくる

レンジャーレッドもどきにさえも、カッコイイと反応してくる・・・。


このカード達の商売、良くできてるなあと感心。

まず、キャラってやっぱ強え〜。何やっても売れそう。

根底にあるその強みプラス、このカードは集める楽しさと遊ぶ楽しさ、

どちらにもお金がかかるようなしくみになってる。


カードにはバーコードがついていて、ゲームコーナーにある1回100円の

専用筐体でスキャンすると戦闘ゲームが楽しめる(1枚カードもついてくる)。

子供でも遊びやすい簡単なボタン操作を要求されたり、

画面演出もハデで親までちょっとムキになったりする・・・。


仮面ライダーのゲーム機なんて、カードとは別にメダルスキャンなんてものまで。

メダル代もかかっちゃうしくみってか。

(人気ありすぎてメダル販売のガチャガチャは発売直後に即完。)


さらに・・・

「レア」のカード(ビックリマンでいうところのキラキラ)の存在、

キャンペーン・本の付録・マクドのハッピーセットなどでしか

手に入らない限定カードの存在で、さらにお金を使わせるってか。。。。。


そもそもこれにハマってる大人もかなりおおいみたいですね。

このゲーム機で遊んでるにいちゃんをよく見かける。お金もってるから商売になるよね〜。

オークションや日本橋のお店など、スゴイことになっててビックリ!

レアカードやメダル1枚がうんぜん円うん万円ってか!!??


キャラ関連のグッズなんて、商売腹黒いぜ!と思ってしまうぐらい。

テレビ放映を見ていると、オモチャ開発前提と思えるシカケがわんさか。


もし、今の売れてる状況がマーケティング通りになってるんだとしたら、

や〜っぱり感心せずにはいられないなあ〜。


買ってやろうとする、親の世代の感性を見抜いてるかんじがする。

もちろん、ちっちゃい頃にヒーローものをめっちゃ見てる(これは多世代か)。

小さい頃ビックリマンやカードダス20などを集めるのにハマったし、

テレビゲームにも触れてるかハマった世代。ガチャガチャでキンケシも集めてたし。


正直このカード、たくさん買ってやりたい意欲や

そもそも自分が集めたい意欲が、沸々と沸き上がってくることが・・・。

だってえ〜、キラキラが出たときの感動や、

カードがダブったときの落胆など、集めて楽しい記憶が蘇ってくるんだも〜ん。

しかも、画面見ながらゲームする楽しさも分かるし〜(ゲーマパパだし)。

無邪気な息子(3歳)の、カードへの粗末な扱いとかみてると、ヒヤヒヤ(すんなって)。


この商売、なんか参考にならんかな〜〜〜〜。


【気づき】

お、女の子もカードゲームしてる!ああ、プリキュアかあ〜。

男女問わず、世代も幅広いってか・・・。ドデカイマーケットやなあ〜。

  • 筆者: 溝手 真一郎

ぼくもやってみた。

右脳とつながってる左手で書くと

感性が出ると聞いた話を聞いたので、

ぼくもやってみた。                                                                                          

 

 

 

ninntai.jpg

 

 

……無っさそう…

 

 

【今日の気づき】

このパターン楽。

 

  • 筆者: 山口 博隆

で、出ちゃった



とある阿倍野のロックな食堂に、友人のザビちゃんがライブ出演するというので

久しぶりに聴きに行こうとしていた矢先、共演予定のN氏が急病のため、

ピンチヒッターで演ってくれへんか、と。

そのロックな食堂は、関西のそうそうたるミュージシャンもたくさん出てるライブハウス。

突然のデビューにうれしさ半分、寺人ってだれ?的な空気の中、

ド緊張でチビりそうになりながらも、なんとか演り終えたのでした。


【今日の気づき】


お客さん、近か過ぎるやん!






ロック食堂.jpg


  • 筆者: 寺内 孝典

トリミングかさむ費用もカットする

うちの仔が、ついにモデルデビュー!

先日、ペット美容学校の練習台モデルとなって

テディベアカットなるものを生まれてはじめてしてもらった。

美容室よりも格安ながら、


プーカット前.gif












こんなんだったのが、



プーカット後.gif













こんなんに、大大大変身!


テディベアには見えないけど、

キュートになった! 愛くるしくなった!

「かわいいね〜」と声がうわづく。

頭をぐちゃぐちゃになでまわしてしまう。

今まで「オバケ〜」とか「ババタロー」って呼んでいたのに。

なでまわすことなんてなかったのに。

あっ、わたし、

見た目でかわいがり方を変えている。

何と呼ばれようといつも尻尾をちぎれんばかりに振っては

なついてくれる、うちの仔を見習わなくては。

せっかく人に飼われてもブサイクだったがために

捨てられてしまった犬もいるらしい。

うちの仔をそんな目にあわせてはいけない。

もとよりプードルの白黒2色の毛色は、異常ではないけれど

スタンダードカラーとして認められてないんだから。

また毛が伸びて「ババタロー」に戻っても、

大切にかわいがろう。

そしてそして、また毛が伸びたら、

今度はモヒカンカットにしてみようっと。

犬をオモチャにしてはいけない! けど…


【気づきの一苦】

幸不幸白黒つくな毛の色で

かわいい”家族の一員”がほしい! って方はコチラへ

http://omikujihompo.shop-pro.jp/?tid=9&mode=f12


  • 筆者: 塚崎 登代

関西風味



最近、ちょっと変わった朗読会に行きました。

英国伝説のコメディグループ・モンティパイソンのコントスケッチを

関西テイストに置き換えたものを朗読する会。

 

ツウな関西弁を散りばめて、

おもろおかしい関西ワールドに仕立て上げたのは、

放送作家の東野ひろあき氏。

 

シュールでへんてこりんな間、

ナンセンスでアホらしさ満開の世界に、

気づけばゲラゲラぶひぶひ笑っていた。

 

こんな朗読もあり!だ。

 

モンティパイソン朗読.jpgモンティパイソン.jpg



第2回目が21日に

中崎町「コモンカフェ」であります。

興味のある方はどうぞ。


 

「コモンカフェ」

http://www.talkin-about.com/cafe/map.html

 

モンティパイソン

http://www.youtube.com/watch?v=sDgzYFu38tg

 

【今日の気づき】

関西風味・・・昔そんなビールがあったような…


  • 筆者: 中島 静子

ルーシー・リー展

とある休日に大阪市中央公会堂の近くにある
大阪市立東洋陶磁美術館へ
『ルーシー・リー展』を見に行く。


ルーシー・リーっていう陶芸家知ってます?

僕は知らなかったんですが、
テレビで彼女の作る作品が紹介されていて
もの凄く素敵な色と繊細な線。
そして優美な造形。
とても半世紀前のものとは思えないそのモダンさ。

これは行かなあかんと思い行ってきました。

めちゃくちゃ良かったです。

もちろん作品も期待道り良かったのですが
一番驚いたのがその展覧会に来てる人が美人ばかりでした。
中には着物着てる人もチラホラいてたり。

鉄道系のイベントに行くとそれっぽい人が多いし
日本橋行くとそれまたそれっぽい人が多い。

こういう展覧会はこういう人たちが来るかと。。。
トータルで美しい展覧会でした。

最終日の昨日も再度行くつもりでいたのですが
前回ブログの高木さんがいうところの38度もの謎の高熱が出てしまい
(大丈夫か!?ティーズ。夕方には治ってたので実は二日酔いだったかも。。。)
行けなかったんで、ちょっぴり残念です。

無性に陶芸してみよかなぁーって気分になりました。
(ボクシングの試合見た後にシャドーボクシングするのと同じ感覚。。。)


あ、作品の詳細はネットなどでお調べください。

IMG_4232.jpg


【気づき】
今回もあまり中身のないブログやな。。。

流行にのって

ティーズで今、はやっているもの。
それは風邪です。
しかも、謎の高熱が出るやっかいなやつ。

先日、私もはやりに乗って、
風邪をひいてしまいました。

私は、体質的?に37度5分以上の
いわゆる高熱はめったに出ないのですが…

出ました、39度3分。

寒気するし、頭痛いし、体熱いし、
このまま眠って、死んだらどうしよう…
と、本気で思いました。(大げさ)

週末に熱が出たので、
平日休むのは避けられましたが、
発熱の前後はしんどかったりで、
多少なりとも、仕事には影響あるし…

やっぱり、体調は大事だなぁ、と改めて思いました。

そこで!!
そんな私にも、今にも倒れそうな方にも!

きっと見つかる!
あなたにぴったりの健康法。
「健康ミクジィ」  ←クリック!!

風邪がはやるこの時期、ぜひお試しください。

【今日の気づき】
病気になってから健康を気にしても、手遅れ。



  • 筆者: 高木 知佳

大殺界を抜けました!

僕は今年から、

昨年の様々なトラブルやミスを乗り越え、

大殺界を抜けました!

さっそく年明け第一発目は、

嘔吐下痢症(おうとげりしょう)になりました。

久々に会う地元の友たちとカラオケに行って、

熱唱しては吐き、熱唱しては吐きを

計5、6回も繰り返したときは、

さすがに誰もおもしろがってなかったなあ。

もっとちゃんと遊びたかった〜。


連続で計9回吐いたのも、

30分ぐらい水みたいなウ◯コし続けたのも

生まれて初めてでした。

食中毒かと思った・・・。(H23.1/2〜5)

年明けの仕事。気持ちフレッシュでハキハキ喋り、

ズイズイ前進する自分の新たなビジョンが見えてきますね〜。

先週のことです。

なんか体がダルイな〜と思いつつも、

気合いで乗り越えていました(つもり)。

そしたら火曜日の夜、仕事中にすごい頭痛と寒気が・・・。

そこから日曜日まで、ほぼ寝たきり。

食事90%おかゆ。薬づけ。シチュー俺も食べたかった!

フラフラしてると便器からオシッコはみだすし!


5日間も高い発熱がつづく風邪は

生まれて初めてでした。

インフルエンザかと思った・・・。(H23.2/2〜6)

マスク着用、薬服用で

これを書いてます。

【気づき】

大殺界がどうとか、あんま関係ないよね。

(大殺界だったらインフルエンザだった?)

  • 筆者: 溝手 真一郎

じわじわ

2007年の発売から早くも4年目を迎えた

「365日たまごかけごはんの本」。

たまごかけごはんをT.K.G.と呼ぶのは、

今やすっかり全国に浸透した。

 

昼間に会社の近所で見かけた看板にも。

tkg.jpg


 

そして、シリーズ第3弾となる

「365日チキンラーメンの本」。

 

……こちらも、じわじわきてますよぉ。

 

【きょうの気づき】

正しくは、ドットありですから→T.K.G.

ていうか、普通の定食に生卵付けただけやん。

  • 筆者: 山口 博隆

金色ニスキトオル


1月に発売した「365日チキンラーメンの本」は好調な売れ行きですが、


この本を企画・制作したチキラー社中の社中歌があるのをご存知ですか。


タイトルの「金色ニスキトオル」のは、あの香しいのスープのことか…。


作詞Andy Morhol、作曲Tyler Taylerによる渾身の1曲です。

 

こちらで視聴できます。

http://365chikinramen.com/song.html


 金色ニレコーディング.jpg

【今日の気づき】



歌詞はかなり奥深いかも。



  • 筆者: 寺内 孝典

自販機のあったか〜いにホッとする


ドリンクの自販機がオモシロイ。

熱い、冷たいの言い方が

いろいろある。

「あったか〜い」「つめた〜い」 

というのが、いちばんいい。

心の奥までホワッとなったり、

キュッとしたりしそう。

「あたたか〜い」 だと温もるのは体だけ、

「あたたかい」 になると単に熱い飲み物という感じがする。

冷たい方は、

「つめたい」 が別のいい方。

キンキンに冷えたビールほどの冷たさはなさそう。

「HOT」「COLD」という

英語版もあり。

スマートだけど、なんかつまらない。

「ほっ♡と」「こおるどっ」 ではダメかなぁ。

なんて考えてみたり、

言い方がいろいろあるのは何でだろう、

誰がどんな風に考えたんだろうと

思ってみたり。

自販機ってオモシロイ。

でも、もっとオモシロイのは

     笑えるおみくじ 「ミクジィ」!

オモシロイおみくじは他にあっても、

     「おっもしろ〜〜〜い」 のは

     きっと 「ミクジィ」 だけ

かもよっ。

ここ、クリックしてね

【気づきの一苦】

ミクジィよりおもろ〜いモノあったかい?


  • 筆者: 塚崎 登代

金のなる木


不景気風を吹き飛ばそうと

去年の暮れに、家から

「金のなる木」(花言葉は一攫千金)を持ってきて

会社のドア付近に置いてみた。

 

もともと暑さ寒さに強い木だが、

よく見ると…新芽が出て成長している!

 

五千円を拾ったり、ガリガリ君のアタリが出たり、

ティーズスタッフも今年はツイている。

 

今年は、何とか景気上向きを期待したい。

 

ちなみに、新芽に五円玉を挟むともっといいらしい!


 金のなる木.jpg


【今日の気づき】

枯れたときが心配。。。


  • 筆者: 中島 静子