ホントよりぐっと引かれるうまいウソ

確定申告には行ってみるもんだ。

それも税務署まで歩いて行くといい。

今をときめくセレブなタレントに出会える。

たとえばSMAPのキムタクにだって、

ほら、この通り。

キムタク電柱.gif

う〜ん、漢字でなく、カタカナでなく、

ひら仮名なのがニクイ。


Dr.きむらたくやって、どんな顔をした先生なんだろう?

「”きむらたくや”のような顔にしてください」って

頼む人いるかしら? 美容外科じゃないから、いないかな。

なんて考えながら歩いていると

こんなゴージャスな超セレブにも出会えた。

かのう姉妹.gifかのう姉妹アップ.gif

う〜ん、加納でなく、嘉納でなく、

ありそうでなさそうな漢字使いなのがニクイ。

このお二人には、ぜひとも脱税などなさらず、

わが街の財政赤字を

早くおシマイにしていただきたいものである。

【気づきの一苦】

同じ名で生きる世界はケタちがい




  • 筆者: 塚崎 登代

この春の主役



4月29日公開の角田光代原作「八日目の蝉」。

この春、ぜひ観てほしい映画です。

 

というのも、もとティーズスタッフの

渡邊さん(通称ぴょん)の愛娘、このみちゃんが

この映画に出演しているのです。

 

出演というか、ほぼ主役!

 

何千人という子役オーディションを勝ち抜いた

超シンデレラキッズなのです。

 

書店のポスターや本の帯なんかにも

ばんばん登場しとります。

 

前売券絶賛発売中!

IMG_4220.JPG



映画「八日目の蝉」

 http://www.youkame.com/index.html

 

 

【今日の気づき】

私は、その昔。。。。「素人名人会」予選オーディション1回戦落ち!

 

 


  • 筆者: 中島 静子

パワフルレディ

先日、眼科に行った時のこと。

私が通っている眼科は、遠方からの患者さんも多く
土曜ともなれば、2〜3時間待ちは当たり前の小さな病院です。

その日も結局、2時間半かかったのですが、待ち時間に
近くにいたおばあちゃんが、話しかけてきてくれました。

70歳を過ぎているとは思えないくらい
若く見えるそのおばあちゃんは、
今で言うママ友の付き添いで来院したそうです。

「私、結婚して15年目と17年目にやっと子どもができたから
お友達と、ひと回り以上も違うのよ〜」
と、うれしそうに話してくれました。

また、15年前から旦那さんが寝たきりになってしまったそうで、

「寝込んでる姿を見られたくないからって、
お友達とも会わなくなってねぇ、
女の人やったら、オムツしてでも会いにいくのにねぇ。
男の人って損やねぇ、あはは」

と、たぶんその日、初対面であろう
隣のおばあちゃんも巻き込んで、笑いとばしていました。

一見、すごい大変そうな話なのに、
そのおばあちゃんからは、そんなオーラは全くなくて、

「主人が倒れた時、二人がけんかしないように、って
お見舞いに犬をもらってね。その犬も長生きしてくれてるし、
もうかわいくてねぇ、幸せよ〜」

と笑顔で話してくれたのが印象的な
とってもパワフルなおばあちゃんでした。


【パワフルレディの格言】
プライドなんて、あるだけ損。

  • 筆者: 高木 知佳

ヒーロー2

「海賊戦隊ゴーカイジャー」が放映されはじめると

仮面ライダーよりも、

スーパー戦隊シリーズのハマリ度が高くなった、3歳の息子。

戦いゴッコで繰り出してくる技の約90%がゴーカイジャーの技。


sentai.jpg

そういえば僕、いまもむかしも

仮面ライダーよりスーパー戦隊のほうが好きだなあ

(カクレンジャーのニンジャブラック(ケインコスギ)が好きだった)。


スーパーロボよりミリタリー系ロボ。


ブルースリーよりジャッキーチェン。


ガイルよりチュンリー。


ダウンタウンよりナイナイ。


ゴールデンレトリーバーよりミニチュワダックス。


さらにはリス(虫はキライ)。


適度に小さくてちょこまかと

コミカルに動いているものによわい(小刻みな動きだと尚いい)。


3歳の息子は

ちょこまかとカワイイわあ〜♥(まあ、親バカ)



【気づき】

なんでもいいから掘りさげていくと、

自分の癖が見えてくることってありますよね。

次はもっと身になることを掘りさげてみよう。

  • 筆者: 溝手 真一郎

ナッナッ、ナカノンヘブンド〜♪


とあるコンサートのエンディングに、気持ちよ〜く歌わせてもらったボブディランの名曲


むかしは原曲の意味も知らずに、雰囲気だけで酔いしれていた。


ナッナッ、ナカノンヘブンド〜♪ ナッナッ、ナキノンヘブズド〜♪ 


解釈はいろいろあるらしいけど、今回は自分で和訳して歌いました。


http://www.youtube.com/watch?v=A_J9xBxbSkE&feature=related

  

【今日の気づき】

英語の歌詞は雰囲気だけでオッケー。


  • 筆者: 寺内 孝典

揺れが来て逃げる逃げない心揺れ

ブログを書き始めようとした、ちょうどその時。

地震発生!

揺れる、揺れる。

かなり揺れて揺れて、船酔いのように気持ち悪い。

ここはビルの12F。揺れがずっと続く。

阪神大震災の時とは、またぜんぜん違う。

こんな経験はじめてだ。

こんな時どうすればいいの?

わからないまま、とりあえず机の下にもぐってみた。

ビルの外へ避難する人もいた。

その後も揺れは繰り返されるものの、

モノが落ちてきたり家具が倒れたりすることはなく、

今のところ大事には至っていない。

ただ3時間以上が経過した今も、頭がまだフワフワして気持ち悪い。

 (体調があまり良くなかったせいかもしれないけど)

そして、ビルの中で大地震に出会った時の避難方法が気になる。

軽く調べてみると、

・揺れている間は、テーブルや机など頭上を守れるものの下に避難

・落下や滑り落ちそうなモノのそばから離れる

・避難口を確保

・あわてて外に飛び出さない

・避難にエレベータは使わない

とあった。

何より冷静な判断とすばやい行動が必要。

でもそれは、どうすれば良いかを知っていてこそできること。

経験は活かすべきだが、

今回の経験を活かす日は来ないように願いたい。

【気づきの一苦】

地震予知自信の持てる人欲しい

  • 筆者: 塚崎 登代

あの頃の気持ち

今月のウェルカムボード当番 僕です。


小学生の頃、「ダメ」っと言われるものほど
ワクワクしながらやっていました。

公衆電話についていた「緊急ボタン」、
「押すとどうなるのか?」と思いながらポチッとな。
つながった先は警察で、
ビビって電話を切っても公衆電話の呼出しベルが鳴りやまない。
猛ダッシュでその場から逃げた。

あの日のワクワクを思い出したくて
こんなウェルカムボードを作りました。

poti.jpg

このボタンをポチッと押すと…
さて、どうなるのでしょうか?
気になる方は是非とも押しに来てください!
(3月中は設置しています)





【今日の気づき】
アイデアは街を歩きながら拾っていく。
そして子供のような好奇心を忘れてはいけない。


ウェルカムボードとは…
T’s玄関ドア前に立っている「ウェルカムボード」。
月ごとの当番制で、社員が一人ずつ順番に制作しています。

  • 筆者: 中島 静子

その気になれない


子どもを連れて日帰りスキーに行った。

 

ものの1時間もたたないうちにコツを覚えたのか

そこそこの急な斜面を楽しそうにすべってくる子どもたち。

 

そして、わたし…

 

高3の春休み、長野県・白馬村のペンションで

1カ月住み込みのバイトしていた経験もある。

だから、人並みに滑ることはできるのだが…

なぜか、まったくその気になれない。

 

のぼって、滑って、またのぼって…滑って…という

終わりのない単純作業が耐えられないのだ!

 

結局、昼からはブーツを脱いで

“呑み”に走ってしまったのである。。。

 

静子18歳.jpg
ペンションでバイトしていた頃(18才・62Kg

【今日の気づき】

若さがあれば、何でもできる!


  • 筆者: 中島 静子

ふと思い出したこと

あれは、ミレミアムイヤーに
世間が浮き足立っていた頃。
(だったと思う。いや、中学生くらいだったかな…)

私の野望は「3世紀にまたがって生きること」でした。

例えば、150歳まで生きた人がいたとする。
その人が1900年生まれなら2世紀にまたがる事しかできないが、
世紀末生まれの私だったら3世紀にまたがれる!
(私の場合は最低118歳まで生きないといけない。)

と当時の私は思ったのです。しかも自信満々に。
ちょっと頭おかしかったんですかねぇ。


そういえば、「根拠のない自信」は結構実現する、
という話を聞いたことがある。

「夢を語っても、実現するための努力をしない人は、
 結局、本当にその夢を信じてはいないということになる。
 もし、本当にその夢が叶うという根拠のない自信を持てば、
 猛然と超現実的な努力をするはずだ。」(茂木健一郎)

だそうです。

「将来、ビッグになってやるぜ〜!」
て言ってる人も口ばっかりでもないのかもしれない。

私も、そろそろ新しい野望を見つけなければ。


【今日の気づき】
118歳。文字で打って見てみると
やっぱり何かいけそうな気がしてきた。



  • 筆者: 高木 知佳