銀幕デビュー

なんと映画「阪急電車」に出演しました!

しかも中谷美紀さん、戸田恵梨香さんに
はさまれての超豪華共演!

…と言っても、私ではなく
私が制作したポスターが。

hankyudensha.jpg
↑↑水色のやつです

久しぶりに映画館に行ってみようと
思いました。(単純…)

【今日の気づき】
自分が出演するより、うれしいかも。

  • 筆者: 高木 知佳

ヒーロー4

ヒーロー。


  息子にとって、僕はパパ。

  息子にとって、パパはヒーローかい?


僕にとって、パパはオトン。

オトンはヒーローかい?


僕にとって、オトンは盆栽好き。

平凡で大人しい性格。

起伏の激しいオカンに、だいたい負ける。

工場で働いている。

車好き。

だけど、上質なカーライフは

パンフを眺めては想像上で膨らむばかり。


  息子にとって、僕は

  たまにヒーローカードをくれるヒーローではない。


僕にとって、オトンはお父さん。

お父さんの身長を追い抜いた高校時代。

カッコつけてオトンって言い始めた。


温厚で口数の少ないお父さんは、筋肉質。

小さい頃、シュワルツェネッガーに見えた。


眼鏡をかけた少しマッチョの頭のうすい真面目なお父さん。


お父さんが一番怒ったのは、

僕がファミコンしすぎでアダプタを庭に投げつけたとき。


歌は音痴だけど、ある日突然、尺八を購入するお父さん。


オヤジギャグも言う。


だけど、なぜか「絵」がウマイ。

車や飛行機や盆栽。

お父さんが書いてくる絵に、目をキラキラさせた。


工場で金属を削ってる姿も捨てがたいけど、

カッコイイお父さんは、絵を描くお父さん。


僕にとって

絵を描くお父さんはヒーロー。


カッコイイのは、その一個だけ。

けれど、僕にとってかけがいのない一個。

僕の人生に影響を与えた一個。


僕がデザイナーになるキッカケ。


  息子にとって、僕はパパ。

  パパはヒーローになれるかい?


【今日の気づき】

そういえば漫画家になりたかったんだっけ。

(いまの仕事、大好きよ)

  • 筆者: 溝手 真一郎

イオン誕生!

いやいやいや、

ついにできましたよ。

イオンが。                                                                    

家の近所に。

チャリでたった5分。

スーパー大好き人間の僕のテンションは、

ディズニーランドに行く小二レベルで

早や一年前から高まっておりました。

 

70852809.jpg

 

ええ、行ってきましたよ、今日も。

会社帰りに。

晩メシの用意買いに。

麻婆春雨と、湯豆腐と、アジの刺身と、ポテサラと、

エビチリと、キムチと、昨日の残り物と、白ごはん、味噌汁です。

今ブログ書いてますがもうどうでもよくて、

食べてきますので、

では各自すてきな週末を。

 

【今日の気づき】

食い過ぎ。

 

  • 筆者: 山口 博隆

コントラスト


毎年のことながら花見の時期はあっという間で、土・日に限って寒かったり雨だったり。


気まぐれな天候のその合間を狙って、なんとか美味い酒を飲む機会をうかがっている。


今年は、花見自粛ムードやなんやかんやあったけど、とりあえず東北地方のお酒で宴会。


一年に一度、公園や境内がピンクとブルーに染まる週末。気が早すぎるけど来年も楽しみ。

 

DVC00275.jpg花見ギター.JPGhanami小.jpg 高津宮にて。


【今日の気づき】

ブルーシートって空の色?


  • 筆者: 寺内 孝典

春の風ひとのやさしさ届けくる

さりげない親切を目にするのは、気持ちがいいものです。

それは春の陽射しが暖かな昼下がり、自宅近くでのこと。

シーツを何枚か家のフェンスに干しているお家があったのですが、

そのうちの1枚が風で道に落ちてしまっていました。

ちょうどそこをひとりの女性が通りがかり、

落ちているシーツを拾ってフェンスに掛け直されたのです。

あたり前と言えば、あたり前の行いでしょうけれど、

なんだか春の温もりで心が満たされたような気がしました。

“心遣いは見える”。

いえ、誰の目に触れることがなくても、

温かい心や、やさしさ、親切をカタチにできるって素敵。

そうなれるように心がけていきたいものです。

でも…

シーツじゃなくてパンツやったら、よう拾わんやろな〜。

【気づきの一苦】

隠しても悪い心は見え見えに

  • 筆者: 塚崎 登代

シャープちゃ〜ん!



桜も見頃、みんなが浮き足立つ土曜日の夜、

なぜかミナミで、ディープにひとり酒。

 

2、3年ぶりに顔を出した居酒屋で

気がつけば、店の大将と二人きり。

昔の話で盛り上がった・・・ような。。。

 

次の朝、起きたら、

どうやって家に帰り着いたかという記憶とともに、

ケータイの「♯」のボタンがなくなっていた…

 

・・・なんで?

 

「♯」のボタンを見かけた方は

ご一報ください。


IMG_4314.JPG


【今日の気づき】

「♯」がなくてもなんとかなる。

 


  • 筆者: 中島 静子

しのびよる影

ある日、ベランダに出るとハンガーが激減していた。

風で飛ばされた?とベランダを見回しても、ない。
部屋にしまった?と室内を探しても、ない。
いろいろ探したが、やっぱり見つからない。

まさか……ハンガー泥棒?

「はは、ハンガー泥棒て」と思いながら
無いものは仕方がないので、あきらめる。

しばらくすると、ベランダから
「ガタン。ガチャガチャ…」と物音が。
…まさか!と思い、ベランダに目をやると

カラスがハンガーをつついていた。

あまりの衝撃に
「でかっ!くろっ!」と騒いでるうちに
また1本持って行かれてしまった。

きっと今頃は、さぞかし立派な巣ができていることでしょう。

【今日の気づき】
日常もなかなか刺激的。


  • 筆者: 高木 知佳

ヒーロー3

スーパー戦隊シリーズ第35作記念の作品「海賊戦隊ゴーカイジャー」。

なんと第1話で「ゴレンジャー」から「ゴセイジャー」までの34戦隊が総出演。

ゴーカイジャーは、その34戦隊へ装置を使って変身できる。

ムチャやな!なんでもありか!ってのが第一印象。

でも、オモロイ!

少なくとも息子が大きくなるまでは、毎週みるのかかさんね。

http://www.tv-asahi.co.jp/go-kai/

仮面ライダーも40周年らしく、記念して(?)

「オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー」という

映画が公開されましたね。

これも、今までの仮面ライダーが総出演するみたい。

http://www.all-rider.jp/index.html


なんか流行だね。すごいね。

ぶっちゃけ、ええ大人だけど、みたいね。


キャラクターって、ヒーローって、強いね。

いやホント、大人から子供まで楽しめるよ。


【今日の気になること】

・毎週毎週、一発屋の怪人のために、

 よくあんなに凝った着ぐるみを作れるなあ。

 1体の制作料ってどれくらいかかるんだろ〜。

・過去作品から出演するキャラって、

 スーツ使い回し?なわけないよね。

・過去作品のオールキャラ出演って、

 「カード販売」との相乗効果を狙っている気が

 しないこともないなあ。

http://www.dice-o.com/

http://www.ganbaride.com/

・今年はとくに儲かってそうやなあ〜。

  • 筆者: 溝手 真一郎

インパクト

インパクトってなんやろう?                                               

 

 

コピーライターという仕事柄、

取り留めもなく、そんなことをよく考えます。

 

 

 

…と、先日出会った、接骨院の看板。

 

 

IMG_2565.jpg

 

 

事故りそうになりました。

 

 

 

【きょうの気づき】

無駄にインパクトあると、

店の名前とか、連絡先とか、

肝心なことが頭に残らない。

 

 

【きょうの雄叫び】

見とるか村上!ガンバレ!( ̄口 ̄)/

 

 

  • 筆者: 山口 博隆

がび〜ん!


最近は「ワンピース」が異常な人気らしいですが、

ツウなところで、どおくまんプロをご存知ですか。

「嗚呼!!花の応援団」青田赤道といえば、

40代以上の人はピンと来るのではないでしょうか。

 

マンガにはほとんど縁のない自分が、

先日、下宿時代の先輩から借りて一気に読破したのは、

「京都札の辻(ふだのつじ)下宿」(昭和52年発刊)。

わずか3巻で中途半端に完結した幻の迷作です。

 

家族や兄弟でもないが、友人以上の濃い関係が生まれる下宿屋を舞台にした、

いかにもありそうな、でもありえないハチャメチャ、ストーリー。

だれもが「がび〜ん!」と叫んで驚いていた時代。。。

まさに30年前の”あのころ”がそこに描かれていました。


京都札の辻下宿.JPG IMG_6324.JPG IMG_6323.JPGIMG_6319.JPG IMG_6330.JPG


【今日の気づき】

マンガに没頭したのは「こちら凡人組」以来。

http://www.ebookjapan.jp/ebj/title/259.html?dealerid=102


  • 筆者: 寺内 孝典