遺言ツアー


最近「なんか一緒にオモロい事やりましょ」と盛り上がっている変わり種の事務所が企画し、


あやうく参加させられそうになった変わり種のツアーが一冊の小説になりました。


23日遺言ツアー」。グルメと温泉を楽しみながら遺言を書いてみませんか?というもの。


遺言は、愛する家族へのメッセージか、それとも自分の心の棚卸しか。


誰にでも訪れる「死」や「家族」について改めて考えさせられて、


波瀾万丈な中にも、なかなかじ〜ん、な結末です。

 

http://www.presssarisari.com/yuigon_kurono.htm

http://www.amazon.co.jp/

 

【今日の気づき】

もちろん借金も財産として相続される。


  • 筆者: 寺内 孝典

夏盛りお日さま少し早寝かな

6月23日、この日から私は悲しくなる。

夏至が過ぎ、だんだん昼が短くなるからだ。

7月・8月も昼が長い方がいい。

太陽の季節なんだから、いつまでもパアッーと明るくあって欲しい。

長年そう思っていた。

でも自然はよくできたもの。

暑い夏、おそーまで陽が照っていたら、今以上に熱気が家にこもって寝られへん。

紫外線にもバンバン襲われて、シミ・ソバカスだらけ。

6月23日、夏至。うまくできているではないか。

半年後、12月23日に冬至がやって来るのもgoodである。

これから寒くなる時期に、だんだん昼が長くなっていく。

寒いながらも”春”という希望に近づける。

考え方を変えると、マイナスばかりでなくなる。

忘れがちなことを教えてくれた、日本の良き自然に感謝しよう。

【気づきの一苦】

夏盛り早寝昼寝でエコライフ

  • 筆者: 塚崎 登代

十三で一服


今から約25年前…

この業界ド素人の私に、

写植やら版下やら、罫線の種類やらトレペのかけ方やら

そしてmacのスイッチの入れ方まで

手とり足とり教えてくださったKさんが

グラフィックの世界から足を洗い、

なぜか、日本茶喫茶をはじめた。

 

なぜか、場所は十三。

昼まっから、赤ら顔のおっさんらがうろつく

ディープスポットだ。

 

自分の気にいったお茶を目の前で淹れてくれる

ゆるりとした時間が流れる日本茶カフェ。

奥さま手作りの甘味もある。

 

かぶせ茶から深むし茶、かりがね茶、そして

生まれてはじめての玉露…

お猪口のような小さな器に注がれたお茶を

香りとともに、ゆっくり味わう

う〜ん、奥ぶか〜い。。。

 

日本茶をたらふく飲んで

茶腹になったあとは・・・もちろん日本酒!

十三のホットでディープな夜を心ゆくまで

堪能したことは言うまでもない。。。

 

ぜひ、お立ち寄りください。

茶淹(ちゃえん)

http://www2.ocn.ne.jp/~cyaen/cyaen/cyaen.html



《今日の気づき》

十三ミュージックは健在!

http://www.juso-mc.com/


  • 筆者: 中島 静子

くせ者ー!

日曜日に大阪城に行った時のこと、
武将の格好をしているグループに遭遇。

観光客が仮装できるサービスでも始まったのか?

と、思いきや


busho.jpg

オリックス・バファローズの夏の風物詩(全然知らなかった)
「Bs大阪 夏の陣」の出陣式があったようです。
http://www.buffaloes.co.jp/event/natsunojin/ikemen.php

なんでも、
「一、二真田幸村とBSイケメン十勇士が新たな敵、鷹軍を迎え撃ち岡田将軍を死守!」
するんだとか。

にしても。
イケメンよりも、武将よりも、右の赤いやつが気になりすぎる。

調べてみると、オリックス・バファローズの【非公式】マスコット
「34567ハカセ」というそうだ。(公式マスコットは別にいる。)

球場にいる時はこんな感じ。
o0240042811181931962.jpg
もともとは「楽天」のキャラだったのが、
縁があって、オリックスに移籍してきたそうだ。

goya.jpg↑楽天時代「超特大ゴーヤ」

しかも、1年契約の予定だったのに、勝手に契約更新する始末。

今では、オリックス・バファローズ公式マスコットの生みの親。
という設定にまでなっているらしい。

非公式が公式を変えてしまう、というすごい事態。
ハカセの人気がうかがえる。

オリックス・バファローズのファンサービスがすごい、
とは聞いていたが、予想以上だった。

ファンを大事にすることで、ファンもより応援したくなるんだろうなぁ。


【今日の気づき】
おみくじ本舗もファンを大事にした方がいいのかも。

  • 筆者: 高木 知佳

闇に蠢(うごめ)く。

雨が降りしきる深夜。

そやつらは闇にうごめいていた・・・。

そやつらの音は雨にかき消され、

気づくのに遅れをとる。後輩が「ハッ」と驚いている。

僕はその様子をみて、恐怖を感じざるを得なかった。

不意打ちだ。

そやつらは想像もつかない、圧倒的な存在だった。

あまりにも可愛かった。

子猫たちが寄り添って原チャで雨宿り。

も〜!!!な、なんなんだ、この可愛さは・・・。

110616_230547.jpg(写メで移すと不気味。)


しばし癒されたあと、雨のなか帰路へ。



自宅マンションの自転車置き場まで帰ってきた。

空間は閉鎖的で無人。雨の音が響き渡る。

奥へ進んでいく途中、なにかが地を這うのが見えた。

脚が多く、もし蜘蛛だったらそれなりに大きい。

なんだろう。不気味だった・・・。数秒、足がすくんだ。

こんなコンクリートの固まりの中で、何かが棲息し始めたのか・・・。

僕は自転車をその場に止め、たたんだ傘を手に

闇に紛れていったそやつを探した。

いた!!

110617_002246.jpg

(写メで移すとやっぱり不気味。)


なぜ、こんなところに蟹なんているんだ?


・・・・・・。


闇は恐怖をあおる。雨は恐怖を助長する。

だが時に、闇というやつは、

「そやつら」の可愛さを浮き彫りにする。

闇は悪戯だ。


【今日の気づき】

怖さから可愛さに気づいたときって、

すごい安堵感あるよ!

  • 筆者: 溝手 真一郎

コルピス

あなたは、アイスコーヒーと、

カルピスを混ぜた飲み物をご存知か?

                                                                                

…知らない?

そうでしょう。

今日、僕がランチで生み出しました。

名づけて、「コルピス」。

コーヒー + カルピス で、コルピス。

 

…くだらない?

そうでしょう。

鮭とポテサラと玄米ごはんに、

思考の大半を奪われていたから。

 

さて、どんな味がするのか?

 

…な、なんと、

 

昔懐かし、コレと同じ味がするのです!

 

 

kohi.jpg

 

 

 

おおおぉぉ―――!!!

どうでもいい――!!!

 

 

【今日の気づき】

…も、どうでもいい。

 

  • 筆者: 山口 博隆

club でフィーバー、ナイスな夜


平均年齢20代のclubイベントでのライブということで、これはオヤジ負けてられへんと、


目が痛いほどの蛍光オレンジのパンツを履いて、どや顔で登場。…………にもかかわらず、


薄暗いステージ、照明もインビな真っ赤っかで、せっかくのオレンジパンツに誰も気づかず。


そのあとはDJさんのまわすナイスなミュージックでフィーバー(死語)しまくる若者たち。


あれは70年代後半だったか、放心状態で朝まで踊っていたディスコを想いだした夜だった。

 

ストンプ.jpg


【今日の気づき】

あの頃のDJと言えば土居まさる(?)


  • 筆者: 寺内 孝典

土裂いてひまわりの芽が夏へ咲く

道ばたの花壇に何かの芽が出ていた。

今はまだ、ただの草と言ってもいいような感じ。

そばに添えられたネームプレートで

ひまわりとわかった。

「醜いアヒルの子」ではないけれど。

良く知っているはずの花でも

芽が出て間もない頃は何なのかわからなかったり、

雑草に見えることだって多いもの。

花は花に生まれず、花となっていく。

人も同じ。素敵に変わっていけるといい。

はてさて私は…

この夏、ひまわり娘とでもなろうか。

それとも、フットワークよろしく

めざそうかな、”こまわり娘”。


110610_1137~01.JPG
















【気づきの一苦】

雑草の強さを秘めて花になる

  • 筆者: 塚崎 登代

嗚咽



動物が出てる映画なんて、今まで観たことなかった。

どちかというと嫌いな方だ。

まして「泣ける!」なんて言われると、

よけい観ない(観たくない)。

 

友人に、試写会のチケットをもらって

観にいったのは「星守る犬」。

 

映画が終わって…

会場にいる、ほぼ99%の人がすすり泣き。

 

そして私はといえば。。。

泣くというより、ほとんど嗚咽。

 

帰りに飲みにいった居酒屋でも

まだ、目も鼻も真っかっか。。。。

 

鼻水が出すぎて、ビールが薄く感じた。

 

子どもが巣立ったら、ぜひ秋田犬を飼いたい。


image.jpeg


 

《今日の気づき》

「わさお」も観にいけばよかったかな。。。

 


  • 筆者: 中島 静子

夜のティーズ

とある夜、薬を飲むのに失敗して喉にひっかかっていた。

水を飲んでも取れないし、周りの人に助けを求めると、
「ごはん飲む…とか?笑」
「こんにゃく食べるといいらしいよ」と、教えてくれた。

私は今までこんな感じでひっかかっていると思っていた。
(たぶんアドバイスくれた2人もそうだと思う。)
      ↓↓↓
0603_2.jpg

※イメージ


ここで、新たな見解。
「気管の入口につまってるから、水飲んでも取れないんじゃないですか?」
        ↓↓↓
0603_1.jpg                                             ※イメージ

何か、妙に納得。

「じゃあ、今日からそういうことにしよう!」
と、特に誰も真相を調べないまま、ティーズの夜は更けていきました。
(もちろん仕事しながらです)

【今日の気づき】
くだらない話は夜の活力。


  • 筆者: 高木 知佳

ロボッ人

「マジでありがとうね 商店」http://majiari.com/にて、

寺人(てらんちゅ)、筆人(ふでんちゅ)につづき、

ロボッ人(ロボッちゅ)近日登場。

まずは小さめに登場するようですが、

ラボ拡大の妄想は拡大中。

乞うご期待(!?)

robo.gif

【今日の気づき】

そろそろロボ開発を躍進させなければ(汗)。

高性能思考エフェクト脳中ブースターを搭載したい!!!

  • 筆者: 溝手 真一郎