男の○◯シリーズ告知

本日、僕のコラムWEBページ

「男の◯◯シリーズ最新話」がアップされました。

つたない文章ですが、読んであげてください!

uta.jpg

歌い方も男くさい。

【今日の気づき】

男くさいっていうか、

ゴリラっぽい。

  • 筆者: 溝手 真一郎

うまくまとまればそれでイィーッ!

ショッカーのマークに


E382B7E383A7E38383E382ABE383BC.jpg



似ている、


IMG_9786.jpg



玄関マットを、淡路島のおじいちゃん家で

見つけ、「アジトだったのかー」という

小ネタを書こうと思ってたら

さほど似ておらず、

困っていたところ、



IMG_3473.jpg




弊社デザイナーM手のクッションと

どこかしら雰囲気が似てた、

という場当たり的ブログでした。




【きょうの気づき】


アイツがうるさいのはそのせいか。


  • 筆者: 山口 博隆

季節は早足


ほんの2週間ほど前、完全防寒対策で挑んだお花見も、もう今は昔。遠い日の懐かしい思い出。


あっという間に季節は変わり、気の早い人がいるもので、街にはTシャツ1枚の人もちらほら。


一方、ぼーっとしてたのか、もともと気にしないのか、季節に置いて行かれちゃってる人も。


花見_6433.jpg 天満橋にて

そして春先の終電には、こんな人も出没する。


つぎはぎの人.jpg




【今日の気づき】

桜が終わったかと思えば、もうGW。遊んでばっかり



  • 筆者: 寺内 孝典

ヒップアップかなえる前にギブアップ

“たったの60秒”なんて、とんでもない!


TVショッピングでみかける、美脚マシーン。


レッグマシン.gif
















東急ハンズのお試し品にトライしてみたら、キツイのなんの!

10秒ほどで、もう太ももの内側がプルプル。足を開くたびに

だんだん鉄のかたまりを押しのけるみたいな感じになって、もうダメ。


60秒続けるには、ジムでトレーニングしてからでないとムリ!

 (注: あくまで個人の感想です。)

しかし”1回たったの60秒”には、乗せられてしまった。

特に “60秒” がミソ。

アッという間に思えて、”1分”と言われるより短い気もする。

数字は”60″の方が大きいのに、”秒”がつくと少なく感じる。

でも、たとえば待たされるときは

「60秒待って」と言われるより、「1分待って」の方が待ち時間が

短い気がしないでもない。

う〜ん、頭が変になってきた。

気分転換に、美脚マシーンに再挑戦してみたくなったではないか。

60秒続けられるようになってみたい!

会社に1台あればなぁ。社員の健康やフットワーク向上にも良さそうだけどなぁ。

そうだ。

会社が入っているビルの管理事務所が、ユニークな貸し出しを始めたんだった。


貸し出し.gif











美脚マシーンも、仲間に加わることを期待しておこう。

【気づきの一苦】

足腰を鍛える前に脳トレを


  • 筆者: 塚崎 登代

飲めや、踊れや


春風にさくら舞う、日曜の午後3時。
老若男女、悲喜こもごも40人ほどの
パーティがありました。

弾き語りあり、フラダンスあり。
年齢層はちょい高めだけど、
みなさん、いい味だしてる
不良の大人がいっぱいでした。

案の定、酒がどんどん進み、
おまけに、フラダンスのレッスンまで受け…
気がついたら、
時計がちょうどひと回り。。。

新聞配達に向かう人とすれ違う、
午前3時のご帰宅となりました。。。


party.jpg

【今日の気づき】
最近ウイスキーがおいしい!
完全に不良の大人になりつつある。。。



  • 筆者: 中島 静子

数年前の自分

4月からティーズの仲間となった
樋口あすかさんこと「あーちゃん」が日報を書くことになり、
見本として私の日報を貸し出した。

数年ぶりに自分の日報を読み返すと…

文章が途中で終わっている所や
tochu.jpg
(たぶん「〜ので、◯◯」と書こうとしていたんだと思う)

誤字、
goji2.jpg

私の似顔絵や
gachapin.jpg

反省するポイントが若干ずれている所、など
hansei.jpg
書いてる内容も浅いし、ひどい。
夜中にひとりでゲラゲラ笑ってしまった。

と同時に、
この問題は今はクリアできてるな、とか
この問題は今もちょっとあやしいな…と思う部分など
再確認できた。

これを機に、定期的に昔の日報を
見直してみようと思う。

この日報は、墓場までもっていきます。

【今日の気づき】
過去に書いたものは何でも

読み返した時に貴重さがわかる。


  • 筆者: 高木 知佳

全身カブり

kaburi.jpg

たまたまです。

「全身カブり」です。

兄弟ではないし、

事前打ち合わせもしていません。

PM9時、周りの人に指摘されるまで、本人達にカブりの自覚なし。

以前にも

こんな「全身カブり」をしたことがある。

shimashima.jpg

「ボーダーカブり」がバレて、はずかしそうにしてる3人。



【今日の気づき】

本人らは、気づかないもんだ。


  • 筆者: 溝手 真一郎

ほぉ

きょうは、以前ネットで見つけた
おもしろネタをご紹介します。

——————————————————————————————-
ブログ文字の並びが傾いて見える「錯視」をごぞんじだろうか?


こういうものだ。

杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー

杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー

杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー

ーナマ杏ーナマ杏ーナマ杏ーナマ杏ーナマ杏ーナマ杏

ーナマ杏ーナマ杏ーナマ杏ーナマ杏ーナマ杏ーナマ杏

ーナマ杏ーナマ杏ーナマ杏ーナマ杏ーナマ杏ーナマ杏

杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー

杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー

杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー


こういうのもある。

アロマ企画アロマ企画アロマ企画アロマ企画アロマ企画

アロマ企画アロマ企画アロマ企画アロマ企画アロマ企画

画企マロア画企マロア画企マロア画企マロア画企マロア

画企マロア画企マロア画企マロア画企マロア画企マロア

アロマ企画アロマ企画アロマ企画アロマ企画アロマ企画

アロマ企画アロマ企画アロマ企画アロマ企画アロマ企画

画コニア画コニア画コニア画コニア画コニア画コニア

画コニア画コニア画コニア画コニア画コニア画コニア

コニア画コニア画コニア画コニア画コニア画コニア画

コニア画コニア画コニア画コニア画コニア画コニア画

画コニア画コニア画コニア画コニア画コニア画コニア

画コニア画コニア画コニア画コニア画コニア画コニア

十一月同窓会十一月同窓会十一月同窓会十一月同窓会

十一月同窓会十一月同窓会十一月同窓会十一月同窓会

会窓同月一十会窓同月一十会窓同月一十会窓同月一十

会窓同月一十会窓同月一十会窓同月一十会窓同月一十

十一月同窓会十一月同窓会十一月同窓会十一月同窓会

十一月同窓会十一月同窓会十一月同窓会十一月同窓会


2005年頃から、インターネット上で流行し、

錯視研究で有名な北岡明佳先生が

「ポップル錯視」との類似を指摘した。

ポップル錯視は、図形が傾いて見える現象だが、

文字でも同様なことが起こるのだ。

その錯視を、新井仁之先生・新井しのぶ先生が、

「文字列傾斜錯視」と命名し、数学的な解析を

行った論文を発表した。



どうして、傾いてみえるのだろう?

横棒の位置が関係しているのだ。

「コニア画」の、それぞれの文字の横棒の位置を

よく見てみると、右に行くほど少しずつ高くなっている。

このズレによって傾いて見えるらしい。

——————————————————————————————-

以上です。気になる方は


ご自分で調べてみてください。




【きょうの気づき】


ブログ当番を忘れてた日は、

コピペに限る。



  • 筆者: 山口 博隆

ニッポンの恒例行事



趣向は凝らすにしても毎年のことだから、ちょっと飽きてる感が否めないティーズのお花見。

そうだ、場所変えよう!東へ行こう!天満橋に行こう!という安易な発想で思いきって遠征。

47日(土)午後2時ごろから寒くなるまで。今年は、たぶんこのあたりで咲いてます。

花見場所.jpg 

だれでも参加、合流できますよ。飲み物持参でね。


【今日の気づき】

あの頃より若いかも…。(ココロは)

http://www.gogo-ts.jp/event/2003/ohanami2003.html


 






  • 筆者: 寺内 孝典

春来ても脱げず着てます肉じゅばん

4月。春。

家の近くで、桜がちらほら咲きだした。


このままずっと冬では?

と思うほど寒く長かった日々を忍び、突然の暴風雨にも耐えて

まだちょっと肌寒い気がしている冷え性の私に

「もう冬は終わりだよ」と告げてくれている。

そろそろ、分厚い脂肪の肉じゅばんを何とかして

私も “うば桜” なりに春仕様に変わっていかなきゃ。

と、シルバーエイジの身をたとえて “うば桜” と言ったつもりが、調べてみると

うば桜とは、単に年とった女性をさすのではなく

“中年になってもなお若々しく、美しさや色気のある女性”

のことをいう褒め言葉とのこと。

どうりで。

誰も私に “うば桜” なんて言わないわけよねぇ〜

【気づきの一苦】

目指しましょ花も恥じらう姥(うば)

 ※花も恥じらう

   = 美しい花さえひけ目を感じる意(若い女性の美しさをいう語)



  • 筆者: 塚崎 登代