優しさに心晴れゆくカサの中

おまわりさん3人に見捨てられた私を救ってくれたのは、

「居酒屋カラオケ亀ちゃん」のママさんでした。

「カサ、持って帰りませんか?」

突然のどしゃぶりの中、ずぶ濡れの背中に

天の恵みのごとく響いた優しい声。

「ギャーーー! ありがとうございます!」

うれしさは、「キャー」てなもんでなく

「ギャー」という叫びになっていた。

人の親切はありがたく、暖かい。

見ず知らずの人からのものであれば、なおさらである。

あとまだ20分は雨に打たれながら夜道を歩くハメになるところ、

カサのお陰で下着までボトボトにならずに、カゼも引かずにすんだ。

「居酒屋カラオケ亀ちゃん」のママさんに大感謝!

本当にありがとうございました!!

交番と道を1本へだてたブティックの軒先で雨宿りしながら

「カサ貸して〜」と念力を送り続けている私に、

ちっとも気づいてくれなかったおまわりさんたち。

窓ガラスの外に目を向けてもくれず、詰め所を空にして

みんなで2階に上がって行ってしまうなんて。

「あ〜私は見捨てられる運命なんだ」と雨が心にまでしみ込んできた。

でも雨宿りしたために、お客さんを送りに出て来たママさんに

運良く出会えたのだから、巡り合わせは不思議。

何が幸いするかわからない。悪いことばかりじゃない。

突然の雨がそう教えてくれたと、ありがたく思っておこう。

【気づきの一苦】

幸運と雨は突然ふってくる

  • 筆者: 塚崎 登代

ツムテンカクへ、いらっしゃ〜い!


新世界で、今日からはじまった
デザイン&アートイベント「ツムテンカク」。

あす、その中のイベント「超マーケット」に
ティーズが運営する、おみくじ本舗が出展します。

いろ〜んな楽し〜いおみくじが、1回100円で試せるし、
節電のおともには、オリジナルてぬぐいなんていかが〜?

この土日、ティーズスタッフ総動員で盛り上がりますんで、
まっ赤なブースを見かけたら、
ぜひお立ち寄りくださいませ。


A_6864.jpg 設営は手づくり感覚!
TUBO_6876.jpg まっ赤なブースが目印です。


【今日の気づき】
新世界…通天閣…ええ天気…とくれば、かなりお酒がすすみそうですぜ。


  • 筆者: 中島 静子

世紀の天体ショー

この日に向けて事前に日食グラスを購入。

kinkan0.jpg

朝6時起床。まだちょっと薄暗い。
すぐにカーテンをあけ、外を確認。

よし!雲はない。

テレビをつけて日食の中継を見る。
あたりもだんだん明るくなってきた。

…中継を見すぎた。ちょっと出遅れる。

我が家は東向きじゃないし、外に出てもまったく東側がひらけていない。
というわけで、自転車をぶっ飛ばして大阪城へ。

愕然とした。

大阪(市内?)で日食を見た方はご存知の通り、
日食のまわりだけ厚い雲がある、という
悔やんでも悔やみきれない天気。

kinkan2.jpg

用意した日食グラスも必要なし。
裸眼でうっすら日食が見えた。

kinkan.jpg

雲一つない天気で日食を見たかったー!
でも、うっすら見られただけで感動!

次の何かしらの日食に期待します。

【今日の気づき】
そういえば小学生のころ、友達と涙をボロボロ流しながら
「太陽をどれだけ見ていられるか競争」なる遊びをしていた。
視力が落ちたのは、そのせいか…?


  • 筆者: 高木 知佳

「男の○」告知

息子は5歳を目前にして、

料理の手伝いができるようになった。

自分の名前も書けるようになってきた。

そろそろコマなし自転車の練習。

cooking.jpg

次は女の子がいいなあ〜って思いつづけて、

2人目の出産予定日が、7/7と迫る。

検査結果は、「男の子」。

こりゃまた大変。

男の子が2人もいるなんて。

どうせ

超にぎやか。

超くさい。

超わがまま。

超だっこが重い。

超こぼす。

超汚れる。

超こわす。

超かわいいわな♥。

【気づき】

そろそろ名前を。

  • 筆者: 溝手 真一郎

金環日食

5月21日の月曜日、金環日食が見られる。

時刻は朝の7時30分ごろ。

                        
日本では25年ぶり、僕の住む兵庫県では

なんと282年ぶりらしい!



と言って、裸眼では見られません。


コンビニとかで「日食グラス」売ってるけど、

買ってまで見たいかと言えばそうでもないような、

でも282年ぶりやし、これ逃したら

次は80何年後とかやし、もう死んでるし、

でも、買ってまで見たいか言われれば……




と悩んでいたらっっ!






IMG_1937.jpg



出入りの印刷屋さんがくれました!!!




月曜日の朝、天体少年に戻ります。




【ぼくの不安】

朝、しこたま弱い。

  • 筆者: 山口 博隆

北国の春


GW、かなり長めのお休みをいただいて、昨年8月以来の東北へ行ってきました。


いっこうに進まない復興(復旧)に苛立ちながらも、いっしょに汗を流す仲間はみんな楽しく。


後半、岩手から青森、北海道へ、大阪ではとうに通り過ぎた桜前線を追いかけるように北上。


幸運にも道中なんと4カ所でタイムリーに満開に遭遇。なんとも特別な春(?)になりました。




吉里吉里_1446.jpg 大槌町 吉里吉里国にて。

石割桜2_1740.jpg 盛岡地方裁判所前  石割桜にて。

かわい1596.jpg 宮古市 VCかわいキャンプにて。

五稜郭2_1824.jpg 函館 五稜郭公園にて。

【今日の気づき】

ニッポンはやっぱり長い。特に三陸海岸。



  • 筆者: 寺内 孝典

イタリアへ行ってみましたええホント

ブーツの形をした芸術の国へ、ちょこっと行って来ました。


そうイタリアです!

本当のところは…

朝日新聞社のアサコムホールで開催されている

「絵本のなかのイタリア」展

イタリア.gif




















(見学自由&無料)を覗いてみただけです。

赤、緑、青、黄とカラフルな、はっきりとした色づかいの絵本が

学校や街、食べ物などのテーマ別にズラリ。

細い線でスラッと描かれた絵が多いようで、

絵本にしては少し大人っぽい感じがしないでも。

人の口の形がaからzのアルファベットで描かれた色んな表情とともに文字が学べるもの、

髪やひげの部分が布になっていて触っても楽しめるものなど

イタリアの子どもたちは小さい時からこんなアイデアにも触れているんだ!

と、ちょっとした衝撃に。

でも、いちばんの衝撃は、帰り道

肥後橋交差点に落ちていたイタリア

長靴.gif











です!!

【気づきの一苦】

大阪にアートに勝るオチを見る




  • 筆者: 塚崎 登代

乙女再発見


誕生日に、思いもかけず愛いっぱいの花をもらいました。

 

甘いものは苦手。

酒なら大歓迎!のおっさん化している、

いやいや、おっさん以上に、

昭和の正しいおっさん道を歩んでいる私ですが

 

理屈ぬきに、うれしい。。。


まだまだ乙女な部分を再発見した私ですう♡


 誕生日.jpg

 

【今日の気づき】

たむけんと同じ誕生日って。。。


  • 筆者: 中島 静子

将来有望

G.W.前半戦。

春の京都!(暑すぎ)
gojunotou.jpg

1年ぶりの友人たち!

そして、びっくりするくらい成長していた友人の愛娘。
koko.jpg
去年は本当に赤ちゃん、て感じだったのに。

1歳8ヶ月とは思えないほど、はっきりとした顔立ち。
写真を撮るときはしっかりとポーズを決めるおませさん。

かと思えば、テンションが上がると、
どんどんアゴがしゃくれていく愛嬌もあり、
(普段はしゃくれではない)

両親がとめるのも聞かず、
コショウと生卵が入ったパスタを豪快に食べ、

「パパ〜♪」と走っていくも、いざパパが手をさしのべると
パパの前を素通りしていく小悪魔的要素も忘れない。
(その後 5、6回おなじことを繰り返す)

転んですりむいても、まったく泣かないたくましい一面もあれば

遊び相手を誰か一人にしぼるのではなく
順番に皆とまんべんなく遊ぶという気配りもできる。

女の子ってすごいな〜、今から将来が楽しみだ。

【京都での気づき】
子どもの写真を撮りすぎて、
友人と撮った写真が1枚もなかった。



  • 筆者: 高木 知佳