えこひいき


自宅の最寄り駅の自転車駐輪場の管理人のおっちゃん。

自分でいうのも何だが

かなり、私をえこひいきしてくれる。

 

雨が降ったあとは、私の姿が見えると

さっとサドルを拭きにきてくれる。

停めやすい場所が空いたら。

「こっちにおいで」と場所をあけてくれる。

 

友人も停めているので、たずねてみたら

そんなことしてもらったことないそうだ。

 

ちょっと怖い気もするが、

こんなに人に優しくしてもらうのもうれしいもの。

素直にえこひいきを受け入れ、

おっちゃんの前では、

「ありがとうございますうううう」と

生娘を演じている私である。

 

【今日の気付き】

管理人室には、なぜか

風間トオルのポスターが!

風間トオル.jpg


  • 筆者: 中島 静子

念願かなって

このお盆に地元・富山で開催中のポスター国際公募展
「第10回 世界ポスター トリエンナーレ トヤマ2012」に行ってきました!

chi_omote.jpg
ポスター展フライヤー


gaikan1.jpggaikan2.jpg
富山県立近代美術館  けっこう立派!同じ敷地内に科学博物館もあります。


miruzo2.jpg
近代美術館のマスコット「ミルゾー」  こ、こわい。

数年前までこの公募展のことを知らなかったのですが、
世界5大ポスター展のひとつだそうです。

ちなみに、世界5大ポスター展とは…
◎ワルシャワ国際ポスター ビエンナーレ(ポーランド)
◎ラハティ国際ポスター ビエンナーレ(フィンランド)
◎ブルノ国際グラフィックデザイン ビエンナーレ(チェコ)
◎メキシコ国際ポスター ビエンナーレ(メキシコ)
◎世界ポスター トリエンナーレ トヤマ(日本)←なぜ富山…?とても気になります。


応募総数4,622点のポスターの中から
入賞・受賞作品、招待出品作品を加えた422点が展示。

3年に1度の開催で第10回展の今年、
初めて日本人がグランプリを受賞したそうです。
(グランプリ1点、金賞2点、銀賞3点、銅賞10点)

世界中から集まって来ているので、ポスターの背景(題材や内容)などが
わからないものも多かったですが刺激になりました!


◎dddギャラリーにて/11月6日(火)〜12月21日(金)
第1回展から第10回展までのグランプリ・金賞作品を中心に展示するそうです。
(東京と福島でも開催)

興味のある方はぜひ行ってみてください。

【帰省中の気づき】
やっぱり富山はいいところです!



  • 筆者: 高木 知佳

おばあちゃん家

お盆に、おばあちゃん家へ墓参りに行きました。

なつかしい。

・・・おばけが出そうなくらい鬱蒼とした竹やぶ(今はないが)の前に車を止め、

ちょっと臭いがきつい牛小屋を横目に急な坂道を上り、

「帰ったぞ〜」と僕のおとんが声をかけると、家から

クールなおばあちゃんとエロ本好きなおじいさんが出迎えてくれる。

いまは、

ちょっと耳が遠くなったおばあちゃんだけが、嬉しそうに出迎えてくれる。

岡山の北区 吉(きちと読むかよしと読むかもしらず)という地名の

6、7世帯・・だけのひっそりとした山の高台。

現在は、おばあちゃん家ともう1世帯しか住人がいなくて、

にぎやかなのは虫の声だけ。

bachan1.jpg

竹やぶの前あたりに誰かが到着すると、

「ようきなすった」といって家の門から顔を出す近所のおばあさん家。

今は誰も住んでいなくて荒れ果てている。なんか、寂しい。

bachan2.jpg

おばあちゃん家に入るには、45度以上の坂をのぼらなくてはならない。

こけたら転がり落ちるしかない恐怖の坂。

手すりがわりにしたい石段には、サボテンがはえていて手をあてなれない。

bachan3.jpg見晴らしはウルトラいい。写メでは伝わらない・・・。

bachan4.jpg

家のほとんどが土間。この写真は家と倉庫の間の通路。

タマネギがこんなに沢山あるということは、おばあちゃん元気だね!安心!

bachan5.jpg

外観はこんなカンジ。

bachan6.jpg

トイレよこの落書き。トイレの下はう◯◯等が溜まりに溜まる

倉庫のようなところらしい。見たことはないが。昔は肥料に使ってたみたい。

bachan7.jpgbachan8.jpgトトロ級に田舎風景です。

bachan9.jpg   bachan10.jpgもの置き場                   五右衛門風呂

山の中は宝箱。弟と二人で、いっぱい探検したことをおぼえてる。

テレビゲームよりも楽しかった。

夜になるとちょっと怖かった。

まだまだおばあちゃん、元気でいてね。


[気づき]

忘れてはならない、風景と思い出があること。

  • 筆者: 溝手 真一郎

大人の夏休み


最近なぜか、”行った事のないところで、やった事のないことやろうシリーズ”にハマってる。


ふと思い立ったのが、奄美大島を原チャで一周。ぷるるるる…と軽い気持ちで行って来ま〜す。


甘く見てたら案の定、途中でパンク!最寄りのGSまで押して押して、休んで押してまた押して。


こんな、予想外に苛酷な夏休みの体験、生まれてはじめて。もういい大人なのに・・・。


 原チャリ-1_2897.jpg 原チャリ-2_2953.jpg


【今日の気づき】

撮った写真は、ほぼ海と空だけ。


  • 筆者: 寺内 孝典

誕生日

本日、39歳になりました。


この歳になれば、めでたいわけでも

さほど、うれしいわけでもなく。



いつもと変わらず過ごそうと

思っていたところ、

なぜか、朝のミーティングで

バレてしまいました。


タイミング良く(?)

誕生日の花占いをしてもらいました。




…助言に素直に耳を傾けられるよう

心がけたいと思います。



【今日の気づき】

ひと昔前の、宝島社の広告にあった

「生年月日を捨てましょう。」

というコピーが好きです。

  • 筆者: 山口 博隆

夢の花どんどん咲きしロンドンに


38個。

日本のメダル獲得数が過去最多となったロンドンオリンピック。

メダルこそ逃したものの

男子マラソンで中本選手が2大会ぶりに6位入賞を果たしたことも、

希望の持てるうれしい結果である。

男子マラソンの瞬間最高視聴率は、34.2%(関東地区)とのこと。

もし、カンボジア代表として

猫ひろしが走っていたら、視聴率はいったい。。。

他国の国籍を取得してまでオリンピックに出ることには

さまざまな意見があるだろうけど、

国籍がどうのとか、どの国がいくつメダルを穫ったとか、

もうそんな考えから抜け出してはどうだろう。

海外合宿、国外からコーチを招く、

なんてことが当たり前の時代なんだから。

選手はわれわれ人類の代表、

と思って公平に平和に、世界中の人が誰をも応援できたら。

そう、オリンピックは人類の祭典!

今回カンボジア代表となれなかった彼には、

4年後のリオデジャネイロオリンピックで

42.195kmを駆け抜けてもらおう。

人類代表! として。

おっ、これはノーベル平和賞もののアイデア

と思いかけたところで、

大事なことに気づいた。

アカン、

走るの。。。

猫やった。

【気づきの一苦】

参加することに異議ある五輪かな

  • 筆者: 塚崎 登代

いい湯だな

ティーズの隠し部屋、江戸堀ビレッジ、約2年ぶりの改装。

 

この夏の酷暑の中、1ヶ月以上かけて、


完成までいよいよあと一歩というところまできました。

 

体感温度42度・・・・部屋全体が、いい湯加減です。


あっちこっち絵の具まみれの末、

 

ようやく あらわれた…Mt.Fuji !!!


 鏡.jpg


お披露目の日は、ぜひ手ぬぐい持参で来てくださいね。


【今日の気づき】

家に帰ったら、1キロやせてた。


  • 筆者: 中島 静子

ローリング30

私事ではありますが
先月、ついに30歳になりました!

寺さん、中島さんに教えてもらった
吉田拓郎の『ローリング30』。

rolling30.jpg

http://www.youtube.com/watch?v=rTdXsMyqNDU&feature=related

なかなか厳しい歌詞もありますが
私の30代、テーマソングとさせて頂きます。


【30歳の気づき】

ティーズブログが始まった頃に書いた記事。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2010年2月16日
(中略)
時折ささやかれる
「高木の30歳っておもろそう(見た目と中身のギャップが?)」
も、そう遠くない未来。

果たして30歳の私は、年相応の大人になっているのか、
やっぱりおもろいままなのか。

ご期待ください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ちょっと大口叩きすぎたか…でも!
30代はこれからだ!

  • 筆者: 高木 知佳