甘味処

 

会社でぜんざいをつくりました。

 

nomura

 

生まれてはじめてぜんざいをつくりました。

 

chika


溝手は、4つもお餅を食べました。

テラさんは、スプーンで汁だけ飲みました。


ひと口も食べなかったのに

かなり胸やけしました…。

 


【今日のときめき】次は、粕汁なんかどうでしょう。

  • 筆者: 中島 静子

ライブ(生きる)をやります。

しんどい時ほどあかるく。つらい時期こそ成長のチャンス。

昨年からいろいろご心配おかけしましたが、

今は、3ヶ月のブランクを埋めるべく、

気力体力ともに復帰に向けて、ぼちぼちがんばってます。

 

そこで、なにかひとつ身近な目標を、ということで、

復活ライブをやることにしました。

ことの顛末も少しお話できるかと。。。

 

ぜひお越し下さい。

 

‰¹‘¾¬‰®_0214

 

【今日のときめき】

靴を脱いでぐだぐだできるライブ会場なんです。


http://www.eonet.ne.jp/~netagoya/

  • 筆者: 寺内 孝典

まだ行っていませんが

大阪歴史博物館にて

「手塚治虫×石ノ森章太郎 マンガのちから」が開催中です。

 

title   

 

詳しいわけではないがですがサイボーグ009が好きです。

【新昭和版】

716XFR6L3ML._AA300_

 

【平成版】

009_08

 

【2013 映画版】

f0180307_15232320

 

2013年映画版、変わりすぎ。特に002…

絵が違いすぎてまだ見てないです。

 

見たことのある平成版が私にはしっくりきます。

 

【今日のときめき】

平成版の004がいい!

 

忘れずに特別展に行ってきます。

 

 

  • 筆者: 高木 知佳

正月を振り返る。

正月を振り返る。
・岡山の実家、初日、お菓子・酒、バカ食い。

・2日目、風邪発症。お菓子は食べた。

・家族と食事に出かけた。美味しかった。お腹いっぱい。

・十数年ぶりに、一宮高校陸上部の友達と会った。
 バカ食い、バカ飲み、バカ笑い。
 満腹すぎて口数が減る時も。来年も会いたいね。

20131230_230008

 

・お菓子を食べながら、おかんのお仕事を手伝った。

20131229_003152

 

・おとんが買っておいてくれたビールのおかげで、部屋飲みの楽しみに気づけた。

・岡山の温泉街「湯郷(ゆのごう):清次郎の湯 ゆのごう館」に、男2人で泊まった。

9011173468046202-1-default http://www.yunogokan.co.jp/
 積もる話しに花が咲き、お菓子をバカ食いしてたら、夕食の時間。
 魚嫌いが完全になおった。本当に美味しかった。超満腹。
 24時には、宿の近くでニューイヤー花火が。冬の花火は空気が澄んでてクッキリ。

20131231_235856

 部屋に戻って、年越しカップそばを食べる。

・友達のおうちへお邪魔。ダベり、菓子食い、たまに寝る。

・嫁の実家へ。当然、バカ食い&酒。久々に息子達と会う。

・嫁らは我が実家へ。当然、バカ食い&酒。お年玉うれしそう。


など、充実した、お腹いっぱいな正月を過ごせた。

【今年一発目の気付き】
昨年は、1年かけて体重ー4kg(ダイエット目的も無く)。
けれど、正月休みで+2kg。
痩せるのは時間と苦労がかかるが、太るのは容易い。

  • 筆者: 溝手 真一郎

バリウムとどん兵衛

バリウムと同じぐらい

嫌いなもの…   

 

 

人混み。

 

 

…でも、

ことしは厄年なので

行って参りました、

門戸厄神。

 

IMG_2078

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

年に一度の大祭なので、

ものすごい人。

境内は一方通行。

 

 

人波に揉まれながら

手を洗い口をすすぎ

お参りやらお札を買ったり。

 

 

 

ひと通り済ませたあと、

せっかく来たんやしと

大護摩行を見ていくことに。

 

IMG_4240

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

…に、しましたが、

 

IMG_1101

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山伏に扮したおじさんたちの

寸劇?が一時間近くあり、

しびれを切らして途中で帰りました。

 

 

 

本当なら、

コレを見ていたはず。(ネットより)

144620_e144620

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【きょうのときめき】

 

家に帰って食った

どん兵衛サイコー♥

  • 筆者: 山口 博隆

名は体を表す・名刺入れは何を表すのか

進路や就職活動など

 

春に向けての準備やら

 

フレッシャーズ」なんて言葉もあるのですね。最近。

 

アブドーラ・ザ・ブッチャー(Abdullah the Butcher)の方が

 

馴染みがあるなんて言えないですが。

 

 

年代がでますね。最近益々感じます。

 

 

 

そんなこんなで。

 

季節柄と言いますか、時期のものと言いますか

 

お店の売り場に行くと目に付くのは名刺入れでしょうか。

 

 

 

”名刺入れ” ってたくさんの種類があるんですね。

 

ビジネスライクなものからブランド物、個性的なものまで。

 

 

なんとも、

 

「名刺に個性は無くとも名刺入れは個性的に」

 

やら

 

「名刺入れに個性なぞいらん!なまいきな!」

 

やら

 

諸先輩方に言われてここまできたのですが。

 

 

 

 

 

もちろん前者に賛成でして。

 

自分が一番に勝負できる名刺入れじゃないと。と思い。

 

 

 

 

オリジナルを作って頂いたのが去年の今頃。

 

 

「キズついて一度死んだレコードは、曲がったカタチで生き返る。」

 

と言うコンセプトで制作・販売されている

 

strangestretchrecords のトム・ツジモト氏の名刺入れを愛用中。

 

 

hhh

 

 

 

 

レコードでできたこれは

 

使い古して使えなくなったレコードが新しく生まれ変わり名刺入れに。

 

 

まっさらなフレッシャーズとは言えませんが。

 

新しい気持ちを忘れないとか。

 

ふんばりどころみたいな。

 

 

 

そういう事を思い出させてもらえるのでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

今日のときめき(以心伝心)

 

いつかブログに書くよと言うてだいぶ経ってしまいました。

トム ありがとう。

 

 

 

 

商売繁盛で。。。

 

1月恒例の行事「えべっさん」。

寒風の中、皆さんとそぞろ歩く

毎年恒例のイベント。

 

「去年はこの道とおったなあ」

「今年は人が少ないのお」

「はぐれたら、いつものとこで集合やで」

毎年、ご一緒できることが嬉しい。

 

IMG_0161

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かじかんだ手を合わせて祈念したのは

もちろん、商売繁盛。

の、つもりが…やっぱりそれには健康第一と

ティーズみんなが風邪ひかぬよう、

大病しないよう祈る。

 

お賽銭が少々すくなかったかも知れないけど。。。

 

IMG_0158

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【新年のときめき】

去年より、500円まけてもらえた!

IMG_0163

  • 筆者: 中島 静子

日記にときめく

ここ10年ほど続けている日記(ブログじゃなく)の、

年明けあたりだけを読み返してみた。

 

 IMG_0535

2008年には、

正月にインフルエンザなんて最悪、と。

別の年には、

新年そうそうに気まずい喧嘩でサイアク…。

 

また別の年には、

新年会で財布落として最悪、もう酒はやめる。

とか書いてある。

 

いや、「サイアク」じゃない。

そんな風に言うクセがついてしまっているけど、

こんなもの最悪でもなんでもなかった。

 

「ふつう」だ。

まだいいほうだ。

 

 

 

そして、2010年の元旦には…

 

  「おめでとう」と書いたハガキが届いた。

  新しい一年がまたはじまる。

  夕べはちょっと飲み過ぎた。

 

  もう10年も会ってないヤツが

  「今年もよろしく」って書いている。

  新年の誓いは、毎年同じ「健康第一」。

  代わり映えのしない年賀状。

 

  人のこと言えないな。自分も。

 

  それでも、これでいいのかも。

  これがいいのかも。

  変わらんことが、いいこともある。

 

  安心する。まだアイツも生きてるというだけで。

 

 

…と綴っていた。

 

 

同じような思いを、今年ほど実感することはないだろうな。

 

 

【今日のときめき】

 

日記は歌のヒントになる。

uzuuzu2013

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Photo by NOMURA KOJI

  • 筆者: 寺内 孝典