旅の途中

 

寒さが身にしみるせいでしょうか。

 

近ごろ…気がつけば

 

「愛」と書かれた本ばかり手にしています。


深い深い世界、、、です。

 

HON

 

愛をさがす旅は、まだまだ途中です。。。(はぁぁ??)

 

 

【今日のときめき】

次は、むずかしい愛の世界を読破します。

 51wirh10nAL._SL500_AA300_

  • 筆者: 中島 静子

あそぼ。

IMG_8250 IMG_8252

 IMG_8275    IMG_7434IMG_7540

 

記録的な大雪のバレンタインデー、

寺人の「復活ぼちぼちライブ」は、おかげさまで、ぼちぼちでした。

 

ゲストのドクトルミキさんと天満の哲さんと3人で、

「50になっても遊ぼ」という哲さんの名曲で遊びました。

 

 

50になっても あそぼ

気の向くままに あそぼ

らくがき  しよう

道路はみだし あそぼ

60になっても あそぼー  

じゃれつきあって あそぼ

鬼ごっこを しよう    

見つからないもの さがそ

 

(中 略)

 

病気で寝込んでも あそぼ  

工夫こらして  あそぼ

100才になっても あそぼー 

気ままな暮らしを しよう

 

(中 略)

 

歳をとるほど あそぼ    

棺桶はいっても あそぼ

地獄に落ちても あそぼ   

ゴクラク浄土で あそぼ

 

(後 略)

 

 DSC_0809

 

続きはこちらで・・・


http://www.youtube.com/watch?v=w7mjvfaD0VQ

 


YouTube寺人チャンネルはこちら。

 

【今日のときめき】

♪たまには 仕事で あそぼ。

  • 筆者: 寺内 孝典

34歳。

tegami1

tegami2

tegami3

tegami4

tegami5

 

〈今日のときめき〉

言うまでもない。

  • 筆者: 溝手 真一郎

今年は

 

過去数年、ティーズのバレンタインは

 ガチの納豆入りチョコとか、

チキンラーメンチョコとか(しかも手作り…)

ほぼ罰ゲームなものをあげていましたが

 

去年からは見て楽しい、食べておいしい

ちゃんとしたチョコをあげるようになりました。

成長です。

 

今年は惑星チョコ「オリンポスの煌めき」。

 

choco

 

↑球に見えますが、実は半球です。

 

 

mens0214

 

↑写真では伝わりにくいですが

喜んでもらえているようです。

 

【今日のときめき】

見て楽しい、食べておいしいチョコを選ぶのは

選ぶのも楽しい。

  • 筆者: 高木 知佳

気になるイベント

寒さもまだまだ厳しい中

 

ついひきこもりがちになりそうです。というか

 

あまりの寒さについどこかにでかけようとか

 

何かを探しに行こうとか

 

そういうのを最近忘れていたのですが

 

極寒の中でも外にでて、ぜひ行ってみたいな~と思うイベントがいくつかありましたのでご紹介。

 

 

 

国宝 みうらじゅん いやげ物展

 

 

「いやげ物とは何だ!?」
土産物とは、そもそも買った者も貰った者も大喜びする前提で作られるべきものなのですが、どうもイマイチ。
いや、それどころか”一体、誰が買うんだろう?”と店先で疑問を投げかけてくる物があります。
それがすなわち「いやげ物」であって、私は何十年にも渡り日本各地を回って集めてきました。
今ではそれも絶滅危惧種。民俗学的には貴重なものとなりました。
よって、今回の展示から冠に「国宝」を付け、より多くの方々にお集り頂き、楽しんで頂けることを願ってやみません。

 

みうらじゅん

 

4月18日(木)~5月14日(火)  Open10:30~Close21:00 ※但し、最終日5/14は17:00閉館

会場:梅田ロフト 7F ロフトフォーラム

iyage_image01

 

 

 

 

アートアクアリウム展 ~大阪・金魚の艶~

 

 

本展覧会は江戸時代に日本の生活に根差した文化として花開き、
日本人に親しまれてきた“金魚”にスポットを当て、
和をモチーフにデザインされた水槽と光・映像など、最新の演出技術が融合した水中アートの展覧会です。

演者となる金魚たちは、普段お祭りなどで目にするものから、なかなかお目にかかれない高級品種まで
彩り鮮やかな生きた芸術品の競演となります。

 

 

2月6日(木)-3月11日(火)/会期中 無休

会場:阪急うめだホール(大阪府大阪市北区角田町8-7 阪急うめだ本店9階)

tb_osk-hankyu2014_01

 

 

 

 

オオサカがとんがっていた時代

 

 

本展は、大阪が戦後の混乱から復興し、ヴァイタリティに富んでいた時代、すなわち1950年代から60年代、主に美術ではどのような実験的活動が試みられていたか、その実像の一端を明らかにしようとするものです。

 

会  場:大阪大学総合学術博物館

4月27日(土)~2013年7月6日(土)

 

 

leafletP16

 

 

 

 

ぜひ時間があれば行ってみたいです。

 

寒い~寒い~と言わず外にでて

 

脳に刺激をあたえないとね。。。

 

 

 

今日のときめき【萌心】

 

少女革命ウテナ展。

もう一回やらないかな~ドキドキ

gengaten

 

 

嫁スルー

photo

 

 

 

 

嫁「優勝ってすごいねー」

 

 

 

 

 

 

僕「元気な精子みたい」

 

 

 

 

 

 

嫁「・・・(嫁スルー)」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【きょうの反省】

 

二山君、ゴメン。

 

 

 

 

 

 

 

  • 筆者: 山口 博隆