村上と銭湯

 

先日、いつぶりかわからないくらい
久しぶりに銭湯に行きました。


思いたったのが、休日の朝6時。

朝から空いているところを探して、
いざ銭湯へ!


私の想像では
人は少なく、湯船独り占め☆

という想像だったのですが、
割と人が多く…

少し気を使う感じではありましたが、

色んなお湯に浸かれて、
リフレッシュできました( ´ ▽ ` )


お風呂を出てから
懐かしいものを発見!

01




 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小さいころ、背が低すぎて頭を入れれず、
椅子の上に正座しながら腰を浮かせて
スーパーサイヤ人になった気持ちで
髪の毛を乾かしてたのを思い出しました。


久々に当時を思い出して使ってみましたが
思いのほか髪が上がらない。。。
あれ?髪が長すぎたのかな?

でも髪が乾くのは早いので
自分で乾かすより楽なので嬉しいっ♫


今回行った銭湯には
フルーツ牛乳もコーヒー牛乳も
ラムネも(全て瓶のもの)
なかったので(/ _ ; )


リベンジすべく、
また銭湯に行こうと思っています!

 

 tokimeki

 

 

 

 

 

お風呂上がりのアイスが

最高です!

  • 筆者: 村上 玖美

ハマりやすく飽きやすい

 

僕は昔から、ハマリやすく飽きやすい性格だ。(以下長文、注意。)

 

「絵・漫画を描く」「ピアノ」「TVゲーム」「ビービー弾拾い」「スケボー」「伝記小説を読む」

「けいどろ」「カールのチーズあし」「漫画を読む」「映画鑑賞」「ファッション(中でも黒)」「スロット」・・・

そのどれもが、ある期間そればかりやって他のほとんどをしなくなる、という具合で、

ある時期にパタっとしなくなる。

 

ハマりっぱなしなのは、「カレーライスを食べる」だけかもしれない。

 

しかし今年の春、中島さんの薦めというか助言を頂き、ハマったな、と感じるものがある。

ちょうど僕に、「今後の新たな目標のようなものがみえてきた」頃にあたり、

 

それは、「読書」である・・・。え?いまさら!?

 

いやいや、過去にもハマった時期はある。

伝記小説でいえば「イエス・キリスト」「田中正造」「ライト兄弟」「マザー・テレサ」「エジソン」などなど。

 

↓こんなヤツ

1106021908_main_l

 

 

ただ、いずれはパッタリと読まなくなった。何か違うことにハマり変えたのだと思う。

 

 

 

今頃になって再び、活字中毒者とまではいかないが読書好きとなった僕は、この2ヶ月くらいの間に、

クリエイティブなどのハウツー本や小説をあわせて14冊読んだ。

今読んでいる本も5割くらい読んでいる。

 

ハマっているとはいえ、仕事はもちろん、TVもみるし、子供と一日中遊ぶし、モバゲーだってする。

合間あいまだから、せいぜい14冊だけれども。まあ、数じゃない。

 

しかしながら、やはりそのうちに読書をやめてしまうのでは・・・

結局「ハマり終えて」活字を見ただけでウンザリする時がくるのでは、

と不安になるときがある。

 

・・・いや、こんどばかりは、やめてしまわない確信が僕の中にある。

 

「読書」は、僕の「カレーライスを食べる」となった実感がある。

 

これから先、2ヶ月で14冊読めない時期があったとしても、やはり数じゃない。

一生ハマれるものだとやっと気づけた。

そりゃあ、もっと早くにハマり直しが効けばよかったと、後悔も若干感じている。

例えば、もしドラを読んだ時期に。

 

ただ、日々の生活というか人生というかは、さまざまな人や物や行動を選択しながら、もしくは予想もしない事件、

成功や失敗を経験・実感しながら現在に至るわけで、

もしドラの時は読書という行為を上手く選択できなかったことが必然だったのかもしれない。

 

いまさらだが「いま」=「今後の新たな目標のようなものがみえてきた」頃に、

「読書」が「カレーライスを食べる」となったのは確かだ。

 

そういえば、以前に読んだ本は内容のほとんどを記憶していない。悲しいくらいに限りなくゼロに近い。

恐らく、「読むという行為」に満足しただけで、

「読んで考える・得る・何かと結びつける・記憶しようとする・自分の経験と重ねる・誰かに伝える・・・etc」を

意識できていなかったのだろう。

 

今更だけど今更ハマれたことに意味があって、遅くはない気がする。

 

読書をした時に、明らかに以前とは違う感触を得ているからだ。

なにかこう、ウマくは言えないけれど、

自分の足りない部分は補ってくれて、

自分の中に眠っている記憶や経験や知恵や言葉を呼び起こしてくれるといった感覚。

呼び起こされた時の感覚は、「自分はただのアホじゃねえな」と思えてる自分。

 

ああ、、、、(ため息)、、、はやく読みたい。。。

 

 

___________________________________________

 

トキメキ読書

 

いやいや、今更かい!?ってか読んだことないのかい!?

村上春樹。。。

初期3部作と呼ばれている

「風の声を聞け」「1973年のピンボール」、、、

ん~~、オモロかったような???。。。

!!?「羊をめぐる冒険(上)」から急にオモロなってない!!?

これの上下のあとは、ノルウェーさんが待ってる〜。

ああ、、、、(ため息)、、、はやく読みたい。。。

  • 筆者: 溝手 真一郎

知ってます?

https://www.youtube.com/watch?v=Y13tSEyOqGs

 

なんとなくわかるようで

わからんような。。

見なおしてると

ある瞬間わかった気に

なるんですが、、

やっぱなんか釈然としない。

 

 

 

…もうひとつ。

 

2062年から来た未来人

 

って知ってます?

 

 

なんかの調査のために

2062年から現代に

やって来た未来の人らしく、

東北の震災やなんやかやを

示唆する発言をしてはるそうで、

かなりネットで話題になってるみたいです。

 

 

「2062年 未来人」って

検索したらバーッと出てきます。

 

 

 

おヒマな時見てみてください。

 

 

<今日のときめき晩ごはん>

 

餃子でビール

 

3344610d6e034-4628-4072-8726-404f6a0c0148_l

 

 

刺身、冷奴、枝豆、キムチ

〆は笊蕎麦

  • 筆者: 山口 博隆

ときめきの最大級「悶絶」

先日、須磨海浜水族園にいってきました。

イルカがお外の海で泳ぐと聞いて行ったんですけど、今年はまだやってませんでした。

勇み足すぎました。

 

子どもはペンギンとか好きなんやろ?

で、ペンギンなどを見せていたら、

なんと、たまご温めてる!

しかも、一つの穴に、温めてること、それをじっと見てる(?)このペアで。

 p1p2

まじで?外から守ってんの?見ないでーー、ってうちらを塞いでるの?

 

と、その時は、なんてかっこええの!!と、興奮したのですが、

さっき調べたら、マゼランペンギンは、交代で卵を温めてるらしいです。

 

つまり、、

 

電子レンジ待ち、みたいな…?

 

前のめりな子育てにちょっとびっくりしました。

(片方育ててるんやったら、遊びに行ったらええのにねえ?)

 

 

 

それよりも。

 

今回すごいのを見つけたのですが、おさかなタッチのコーナーがありまして、

そこに、エイがいたのですよ。

 

それが、手のひらサイズのエイ!

ei

トビエイ系の子供やと思うのですが、

ぱちゃぱちゃ半分身を乗り出して泳いで(?)るんですわ。

飛んでる?溺れてる??

 

もう、かわいすぎてきゃぁぁぁぁぁぁーーーと、悶絶してしまいました。

 

まあ、後ろにいる別のエイは立ってましたけどね。これもすごいんですけどね。

 

やばいす、手乗りエイ。かわいすぎます。

 

手乗りエイを見たい方は、是非、スマスイ本館3階「水辺のふれあい遊園」で!!

http://sumasui.jp/info/2015/03/27320open.html

 

ええもんみれました。ふふ。夏になったらまた行こう。

 

 

【今日のときめき】

きょうは会社早退します。

(綾瀬はるかの声で)

 

 

 

  • 筆者: 尾池 葉名

つりのひみつ

 

 

アジとかイワシは、もう飽きた。

 

もっと、ちがうのを釣ってみたい今日このごろ。

 

1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この間も、夜の9時ごろまで

 

突風に吹かれまくって粘ったけど、ダメでした。。。

 

あわよくば、太刀魚なんぞ…と思ってたけど、

 

ダメです。

 

あまりにも知識が素人すぎます。

 

魚を知らなすぎです。

 

こんなんで、釣りが好きですなんて言ったら笑われます。

 

 

 

 

これ読んでイチから勉強しようと思います。

 

2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【今日のときめき】

 

小さいころから、学研のひみつシリーズが大好きです。

 

 大事にまだ持ってます。

3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 筆者: 中島 静子