名前について

ちょっと前に「キラキラネーム」がはやりましたよね。

最近は「シワシワネーム」がはやっているだとか…。

 

シワシワネームとは…?

小次郎とか武蔵とか…?

梶井基次郎のような…?

 

と思って、ちょっと調べてみたら、なんてことはないです、

自分の同級生にいたくらいの名前という事です。

「茂」とか「宏」とか。

つまり、昭和ですね。

 

ふーん、、と思って見ていたら、「ハナ」、シワシワネームにランクインしてるじゃないですか…!

当時は誰もいなかったですけど!?

かなりいじめられましたけど!?

動物や近所のペットの方が多かったけど!?

 

 

最近、天王寺動物園に行ったとき、見つけました。

buchihaiena

 

こちらもシワシワネームがブームなのですか…。

 

 

さて、オイケ家も、そろそろ産まれてくる子どもの名前を考えようと思って、

ちょっとネットで調べてみると、

「あなたにピッタリの名前!」

と、出てきたのが、

 

十八番(ええす)

 

…。

 

色んな意味でつっこみたいのですが…。

 

なんで、(おはこ)じゃないのか!?

エースていうのなら、「一番」じゃないのか!?

「火拳」とかいて(エース)ならまだいそうだけども!?

 

黄色い熊とかいて(ぷう)と読むのがまだかわいく思えました。

 

キラキラしてもええけど、間違えるとあかんよね…。。

 

 

【最近のトキメキ】

何気なく買った栗ジャムがむっちゃモンブラン味でうまかったす。

パン、何枚でもいける…(*´Д`)

kuri

 

 

  • 筆者: 尾池 葉名

すっきり


少し前の話になりますが、寺内さんのお知り合いの方が出演されている

朗読劇をティーズみんなで観てきました。

 

 image

 

朗読劇は本を持って読んでいくもの、と思っていたので

本を持たない、舞台を目一杯使って動く、衣装、照明…など

一気にひきこまれました。

 

地獄変の内容で、ちょっと気になるところがあったのですが

後日、はなさんが朗読劇の予習用に借りていた現代語訳の本を見せてくれました。

 

 

 51LDWPmZ6BL._SX344_BO1,204,203,200_

 

何でもありますね。(鼻とか、地獄変とか色々収録されてます)

 

 

本を見ながら、はなさんと話していると

高校の時、国語の授業で読んだ話に影響されて

「否!」という言葉が流行ったのを思い出しました。

 

ただ、内容はまったく覚えていなくて思い出せるのは「否!」だけ。

 

そんな情報量ではもちろん検索してもヒットせず、

気になりすぎて友人2人に聞いてみるも

「ああー、否!って言ってたのは覚えてる…」との回答。

 

やっぱり覚えてないよなー、と諦めていたら

数日後、友人から「わかったーー!!」と連絡が。

 

 

↓それが、こちら(短いのでお時間ある方はどうぞ。)

 

太宰治「猿ヶ島」 

http://www.aozora.gr.jp/cards/000035/files/1579_19977.html

  

友人も気になりすぎて、図書館行ったついでに調べてくれたみたいです。

「最初、山月記かと思ったけど全然違って、なんとかたどり着いた」らしい。

山月記もだいぶ懐かしけどー!

 

今わからなかったら、一生思い出すことなかったと思うので

本当によかったです。友人3人ですっきり。

個人的には猿ヶ島、とても好きになりました。いい出会いありがとう! 

 

 

【今日のときめき】

現代語訳の解説に

「地獄変では語り部が真実を述べていない、という手法が使われている」

と書いてありました。 

語り部は嘘つかないと思い込んでいたので、私の疑問は一気に解決。

 

あー、すっきりしたー。

  • 筆者: 高木 知佳

やっぱりROCK!

このレスポールは‘69年製。もちろん現役。

 

壁で埃をかぶってる誰かさんのギターとは大違い。

 

 lp02

 

持ち主は、半袖のミリタリーシャツがサマになる69才。

 

まるで外国語のような博多弁を話す69才。

 

1曲目からいきなりシャウトする69才。

 

2曲目にはもう汗だくになってる69才。

 

 image1-6

 

https://www.youtube.com/watch?v=C894y9hjyOs

 

 

まさにロック。やっぱりROCKや!

よし!次のライブはROCKでいくぞ!

 

・・・と、すぐに影響を受けやすい。

それが僕の短所でもあり、長所でもある。

 

【今日のライブ告知】

10月11日(水)は、西成 難波屋へGO!

たっぷり2ステージ、ワンマンでやります。

投げ銭制ですので、自分の思う金額だけ鍋に入れてください。

LIVE Infoは、こちら。

http://www.standby-me.com/live/

  • 筆者: 寺内 孝典

人類がいなくなっても動き続けるビースト達

 9月になりましたね。新学期ですね。

みなさま、夏休みはいかがでしたか?

 

私は、お盆休みをフルで遊びまわってました。

(楽しかった…!)

 

行ってきたのは、三重県立美術館のテオ・ヤンセン展!

 

テオヤンセン?誰?トーベヤンソン?スタンハンセン?

と思う人は多いかと思いますが、

見たことある人は多いはず。

 

こちらです。

beast

 

あ!なんか知ってるかも!?

 

そうです、風で動くあれです。

動画はコチラ

 

 

そうこれこれ!

 

確か昔CMかなんかでやってたような?

 

このビーストが日本にやってくる!しかも三重!

てことで、お盆休みを利用して行ってきました。

 

展覧会は、ビーストができるまでの歴史やビーストの進化、

デモンストレーションで動かしてくれたり、手動で動かせるビーストなど。

もう、節々を見ているだけで興奮するようなものでした。

かっこよすぎる…!

 

彼らは風というエネルギーだけで動くので、

猿の惑星の様に人類がいなくなっても、彼らだけは動き続けるのです。

そう思うともうドキドキしてたまらなかったです…!

 

興味のある方は是非!

9月18日までやってます!

 

テオ・ヤンセン展

 

 

三重県立美術館は、津なので、近鉄特急でびゅーんです。

 

 

その後、夏休みといえば…という感じで、鳥羽とお伊勢参りもしてきました。

 

お伊勢さん、初めてちゃんと外宮内宮と周ったのですが、、広いですね…。

さすがに疲れました…。(妊婦・3才児談)

ki

 

鳥羽水族館には15年?20年?ぶりくらいに行ったのですが、

相変わらずジュゴンが素敵でした…。

ju

 

最近分かったのですが、

オイケは昔は、家族旅行といえば車でびゅーんばっかりだったので、

今は電車旅の方が好きなようです。

チケット取るの大好き。

 

すてきな夏休みをいただきました。

 

【この夏のトキメキ展】

予告通りいっぱい行ってきました。

 nishio

西尾維新大辞典

プロジェクトマッピングがすばらしくかっこよかった

 

biju

びじゅチューン!展

子どもも大人も大はしゃぎ。

風神雷神かわええ!!

 

eric

エリック・カール展(美術館「えき」KYOTO)

子どもも大人も大はしゃぎその2。

グッズで散財!

 

yamgishi

山岸涼子展(京都国際漫画ミュージアム)

厩戸王子が美しすぎて倒れるかと思いました。

バレエ漫画最高。足の曲がり方がきれいすぎる…

 

諸々につきあってくれた3才児、ありがとうございました。。

 

 

 

  • 筆者: 尾池 葉名